手作りヨーグルトはどんな容器に入れる?おすすめはコレだ!



毎日ヨーグルトを作って食べていると、保存方法も重要ですよね!毎日となると消毒や移し替えの手間はなるべくかけたくないのですが、かと言って不潔な容器で保存するわけにもいきません

私も常にヨーグルトを食べ続けているので、面倒なのは避けたいです。でも、毎日食べ続けるからこそ重要なのが、ヨーグルトの保存方法です。

そこで、今回は私が色々と試した中からおすすめする、手作りヨーグルトを保存する容器についてお伝えしていきます!

スポンサーリンク


手作りヨーグルトを入れるのに適した容器

IMG_4044
長年ヨーグルトを食べ続けた結果、ヨーグルトを保存する容器を選ぶ際に重要なのは、次の3つだと考えています。

  1. 清潔であること
  2. 密閉度が高いこと
  3. 面倒くさくないこと

1と2は衛生上の理由から必須の条件です。しかし、私が考える一番重要な条件は3の「面倒くさくないこと」です。

毎日食べ続けるなら、面倒くさくないことが最も重要です!

そこで、これらの条件を満たした容器を3つ紹介します。

  • 100均の耐熱容器
  • 牛乳パック
  • タッパーウェア

それぞれの特徴を軽く説明します。

100均の耐熱容器

100円ショップで売ってる耐熱容器です。蓋付きで、1000ml入るのであれば何でも構いません。

口が広くて洗いやすいものを選んでくださん。

耐熱でないと消毒ができないので、それだけ注意してください。

牛乳パック

147470
牛乳が入っているパックです。

牛乳も牛乳パックも工場で殺菌処理されてからパッキングされるため、中は無菌状態です。そのため、実は最も清潔なのが、牛乳パックです。

注意点はいったん牛乳を外に出してから、また戻すのはNGです。外に出した時点で雑菌が混入してしまうため、意味がありません。

そのため、牛乳パックを容器として使いたい場合は、牛乳パックに入った状態で発酵させてヨーグルトにする必要があります

タッパーウェア

耐熱で蓋が付いているタッパーウェアであれば、何でもOKです。1000ml以上の容量のある者が理想です。


ここまでは、手作りヨーグルトの保存に適した容器を見てきました。次は手作りヨーグルトの保存に適さない容器とその理由を紹介します。

スポンサーリンク


保存に適さない容器

154527
手作りヨーグルトを保存する際の容器は何でも良いというわけではありません。身近にある容器の中には、最初にお伝えした、手作りヨーグルトの保存に適した容器の条件を満たさないものがあるので注意が必要です。

例えばこれらの容器は、身近にあるので、使いたくなりますが、手作りヨーグルトの保存には不適切です。

  • ペットボトル
  • 魔法瓶

なぜ、これらの容器が手作りヨーグルトの保存に不適切なのかを説明します。

ペットボトル

ペットボトルが適さない理由は、容器の消毒ができないことです。

ペットボトルは耐熱性ではないので、高温にすると変形したり、有害な物質が出たりする可能性があります

消毒できないのは致命的なので、ペットボトルを使うのは絶対にやめましょう。

魔法瓶

水筒002
保温性の高い魔法瓶は、ヨーグルトを発酵させる際に使われることが多いようですが、手作りヨーグルトを保存する際の容器には不適切です。

ヨーグルトは発酵が終わったら、過度な発酵を防ぐために、冷蔵庫で冷やすことが必要です。しかし、魔法瓶は断熱効果が高すぎるので、冷蔵庫に入れても完全に冷えるまで、時間がかかり過ぎます。

魔法瓶でヨーグルトを作った場合は、必ず別の容器に移し替えてください


ここまでは手作りヨーグルトの保存容器に適したものと適さないものを見てきました。しかし、一番大事な条件は面倒くさくないことです。

そして、手作りヨーグルトで最も面倒くさい工程は、容器の消毒です。そこで、次は容器の消毒を簡単に済ませる方法を紹介します!

スポンサーリンク


面倒くさくない消毒方法

3fe1ff52651245fbbed19745ed514975_s
容器を消毒する際に最も良く行われるのは、熱湯消毒です。沸騰したお湯を容器に満たして、完全に殺菌するわけですが、熱湯消毒は面倒で、しかも火傷の危険も高い方法です。

そこで、おすすめなのが電子レンジで殺菌する方法です。この方法なら安全で、楽チンに消毒できます。

具体的には、次のような手順になります。

【手作りヨーグルトの簡単な消毒手順】
  1. 容器に水を50ml程度入れる
  2. 水の量は大体で良いのですが、少なすぎると途中で蒸発しきって、空焚きになる危険があり、多すぎると高温にならないので、最初だけちゃんと軽量して、大体の量を見た目で確認しておくと良いと思います。

  3. 容器に蓋を載せる
  4. 蓋を載せるだけにするのがポイントです。蓋をピタッと閉じてしまうと、蒸気の圧力で蓋がドカンと吹っ飛んでしまいます。中の蒸気が逃げられるように、ただ載せるだけにするのがポイントです。

  5. 電子レンジで3分~5分くらい温める
  6. あとは電子レンジで温めてください。蓋の隙間から蒸気が出て1分くらいが目安です。容器全体が触れない位熱くなっているのが理想です。

もし、計量スプーンなど、他にも消毒したいものがあれば、一緒に容器に入れておけば殺菌可能です。(もちろん金属製のスプーンはNGですよ!)

また、くれぐれも温めている最中に水が無くなってしまわないように、十分注意してください!水が無くなると電子レンジが空焚き状態になってしまいます。

電子レンジの空焚きは、電子レンジの故障の原因になります。心配であれば、水の量を最初は多めにすると良いです。

スポンサーリンク


まとめ

139351
今回は手作りヨーグルトの保存容器についてお伝えしました。

最後に私のおすすめの容器のメリットデメリットを表にしておくので、参考になさってください。

【手作りヨーグルト容器比較表】
容器の種類 衛生度 使い勝手 面倒度 備考
100均の耐熱容器 安物なので、壊れやすい
牛乳パック × 一番衛生的で、使い終わったら捨てればよい
タッパーウェア ヨーグルトの保存以外にも使える

もし、牛乳パックの状態で発酵させされるヨーグルトメーカーを持っているのなら、牛乳パックのままで保存しておくのが断然おすすめです!

実は最も衛生的で、終わったら捨てるだけというのが、毎日ヨーグルトを食べ続ける上で、とっても楽だからです!

牛乳パックを保存容器に使えない場合は、今回紹介した簡単な消毒方法を使って、効率的な手作りヨーグルトライフを楽しんでくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ