手作りヨーグルトの賞味期限と健康効果!市販品との違いは?



私は自宅でヨーグルトを手作りして毎日食べています。食感や風味は市販のプレーンヨーグルトとの差を感じないですし、自家製ヨーグルトでお腹を壊したことも無いので、毎日色々な食べ方で美味しく食べています!

でも、自分で作っていて一番気になるのは、賞味期限やそもそも手作りヨーグルトには、市販品と同じ健康効果があるのかです。

自宅でヨーグルトを作ってらっしゃる方は、皆さん気になってるのではないでしょうか?

そこで、手作りヨーグルトと市販のヨーグルトの賞味期限や健康効果の違いについてお伝えします!

スポンサーリンク


ヨーグルトの賞味期限

084446 まずはヨーグルトの賞味期限から見ていきましょう!食品には賞味期限消費期限があります。それぞれの定義は次の通りです。

【賞味期限と消費期限の違い】
  • 賞味期限
  • 未開封、かつ表示してある保存方法で、適切に保存した場合に、美味しく食べられる期間。賞味期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではない。

  • 消費期限
  • 未開封、かつ表示してある保存方法で、適切に保存した場合に、食べても安全な期間。

ヨーグルトに記載してあるのは賞味期限の方です。でも、ヨーグルトって生ものだし、栄養満点だし、すぐに腐ってしまいそうですよね?

でも、意外に持つんです。ヨーグルトは牛や羊の乳を乳酸菌によって発酵させて、雑菌の繁殖しにくい酸性度の高い状態にした保存食です。一旦発酵が完了すれば、雑菌が繁殖しにくいのが、ヨーグルトの特徴です。

市販品の賞味期限

では、一般的に市販品のヨーグルトの賞味期限はどれくらいかというと15日間程度です。ヨーグルトは乳酸菌が生きた状態で生存しているので、たとえ冷蔵庫に入れておいても発酵は少しずつ進んでいきます。

賞味期限を1ヶ月過ぎたヨーグルトを食べたことがありますが、発酵がとても進んでいてもの凄く酸っぱかったです(+_+)

保存効果が高いとは言っても、放っておくとどんどん酸っぱくなって美味しくなくなるので、早めに食べるのをおすすめします。

また、開封後は賞味期限に関わらず、数日以内に食べるようにしましょう!カビの中には酸性度が高くても生えてしまうものもあるので、過信は禁物です!

手作りヨーグルトの賞味期限

では、自宅で手作りしたヨーグルトの賞味期限はどうなのでしょうか?手作りヨーグルトの場合は、雑菌だらけのキッチンで作っているため、どんなに気を付けても、雑菌の混入は避けられません

市販品は無菌状態の清潔な工場で製造されていますが、手作りヨーグルトは自宅のキッチンで雑菌の混入した牛乳を40℃前後で発酵させているわけですから、腐敗のリスクは市販品より高いのです!

自家製手作りヨーグルトの場合は賞味期限ではなく消費期限を5日間以内と考えて早めに食べきってください!

ちなみに自宅でヨーグルトを手作りする場合の作り方をこちらの記事に詳しく書いているので、良ければご覧ください!
ヨーグルトの作り方!簡単で失敗なく安全に作れる方法!

スポンサーリンク


手作りヨーグルトに健康効果はある?

225374
さて、もう一つ気になるのが、自家製手作りヨーグルトには市販品と同じ健康効果があるのかどうかです。これについてはどうなのでしょうか?

結論から言うと、市販品と同じ健康効果を得るのは残念ながら難しいです。

こちらの記事にも書いていますが、メーカーは研究を重ねて様々な健康効果のある乳酸菌を見つけていますが、その多くは通常の製法ではヨーグルトにすることができません。そのために特別な発酵技術を開発して、ヨーグルトにしているのです。
市販のヨーグルトで種菌にできる種類!成功するのはコレ!

家庭ではメーカーと同じ発酵方法を再現できないため、期待している乳酸菌が増えているかどうかは疑わしいのです。

例えばピロリ菌の除去に効果があると言われているLG21ヨーグルトに含まれているOLL2716株という乳酸菌は偏性嫌気性細菌といって、酸素に触れると死んでしまう乳酸菌です。

LG21ヨーグルトを種菌にして作ってみると、ちゃんとヨーグルトになるのですが、それはOLL2716株以外の乳酸菌の働きでヨーグルトになっただけで、肝心のOLL2716株は残念ながら存在しないのです…。

では、自家製手作りヨーグルトには、全く健康効果が無いのかというと、そんなことはありません。むしろ十分に健康効果が期待できます。ヨーグルトには大きく分けて、次の二つの健康効果があります。

【ヨーグルトの健康効果】
  1. 乳酸菌特有の健康効果
  2. 例えばLG21ヨーグルトのOLL2716株の効果であるピロリ菌除去など、その乳酸菌固有の特別な健康効果。

  3. 整腸作用
  4. 腸の中の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことによる便秘や下痢の改善などの健康効果。

1の乳酸菌特有の健康効果はその乳酸菌が存在しないと期待できない健康効果ですが、2の整腸作用は基本的にどんなヨーグルトにも存在する健康効果です。

実はヨーグルトの健康効果で重要なのは2の整腸作用なので、自家製手作りヨーグルトでも十分健康効果は期待できるのです!実際に私も自分で作った自家製手作りヨーグルトを毎日食べてますが、便秘や下痢などの症状はとても改善されましたし、おならの量や臭いもかなり減っていますよ!

1の乳酸菌特有の健康効果を得られれば、とても素晴らしいのですが、実際は2の整腸作用だけで十分健康効果を発揮するので、心配ありません!

スポンサーリンク


まとめ

040561
今回は手作りヨーグルトの賞味期限と健康効果を市販品と比較してみました。まとめると次のようになります。

【まとめ】
  • 手作りヨーグルトの消費期限は5日間
  • 市販品と全く同じような健康効果は期待できないが、整腸作用は十分!
ヨーグルトの最も大切な健康効果は整腸作用です。それによって、便秘や下痢の改善、免疫力アップ、肌荒れの改善など様々な健康効果が生まれます。

乳酸菌固有の健康効果は+αのものなので、それが得られないのは残念ですが、あまり気にする必要もないので、どんどん自宅でヨーグルトを手作りしてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ