生姜と乾姜の違い!実はどっちもお腹に良いんです!



発酵食品は、腸内環境を整えてお腹の調子を良くする効果があります。

しかし、過労や暴飲暴食によって、お腹が疲れ切ってしまうことがあります。こんな時には発酵食品よりも良い食材があります。それが生姜です。

生姜は体を温める食べ物として有名です。しかし、生姜やそれをを乾燥させた乾姜には胃腸の調子を整える効果があるのです!

発酵食品ばかりがお腹の調子を整える食べ物ではないんですね。私も胃腸が疲れてしまった時は、生姜を良く食べています。

というわけで、今回は生姜と乾姜の違いやお腹の調子を良くする理由についてお伝えします。

スポンサーリンク


生姜と乾姜の違い


私たちは生姜といえば生で食べることが多いですが、実は乾燥させたり、加熱することで、全く別の効果を持つ食べ物に変わります。

これを漢方薬では乾姜と呼んでいます。

そこで、まずは生姜と乾姜の違いを見ていきましょう!

生姜

生姜は普段私たちにも馴染みの深い食べ物ですよね!

刺身に添えたり、冷奴やそうめんの薬味など幅広く使います。そんな生姜の効能として有名なのが体を温める効果ですね。

この効果を生むのが、生姜の刺激成分であるジンゲロール(ギンゲロール)です。でも、ジンゲロールの効果はそれだけではないのです。

ジンゲロールにはその香りによって胃腸を刺激し、食欲を増進させたり、吐き気を防止する働きがあります。

胃腸が弱っている時に、生姜のような刺激物は避けた方が良いと思いがちですが、実は胃腸が弱っている時ほど生姜が効果的なのです!

また、ジンゲロールには強い殺菌作用や免疫力向上の効果があります。風邪のひき始めなんかには、生姜が最適です!

乾姜


乾姜は生姜を蒸して乾燥させたものです。漢方薬の中ではポピュラーですが、普段の食事ではあまり食べることはないかもしれません。

でも、味や香りは生姜と同じなので、生姜と同じような使い方で食べても大丈夫です。雑炊や煮物など加熱する料理に生姜の代わりに入れるのがとてもおすすめです。

そんな乾姜の主成分がショウガオールという物質です。実は体を温める効果は、ジンゲロールよりもショウガオールの方が高いのです!

そのため、乾姜は冷え性はもちろんの事、冷えによって機能が低下した胃腸の働きを回復させます

胃腸が疲れた時に個人的におすすめなのが、カモミールとペパーミントと乾姜のハーブティーです。カモミールもペパーミントも胃腸を整える働きがあるので、そこに乾姜を加えると、胃腸が元気になって、更に体も温まるので是非お試しください。


というわけで、ここまでは生姜と乾姜の違いについて見てきました。それぞれの主成分であるジンゲロールとショウガオールはどちらも体を温め、胃腸の働きを強める効果がありますが、それぞれには微妙な違いがあります。

そこで、次はそれぞれの特徴をもう少し掘り下げて見ていきましょう。

スポンサーリンク


ジンゲロールの特徴


ジンゲロールの効果の特徴は体の代謝機能をアップさせるというものです。

代謝機能がアップすることで、胃腸が元気になるわけです。

また、免疫力を向上させる効果も優れています。

  • 体を温める:○
  • 発汗作用:◎
  • 免疫力向上:◎
  • 殺菌効果:○

このように、ジンゲロールは体脂肪を燃焼させて体温を上げたり、血行を促進して発汗を促します。そのため、体を温めようとして、食べ過ぎてしまうと、汗をかいてしまって、温める効果が半減してしまうこともあるので、注意してください

ちなみにジンゲロールは空気に触れると酸化して、どんどん失われてしまうため、すりおろしたり、刻んだりするのは、食べる直前がおすすめです。

スポンサーリンク


ショウガオールの特徴


一方のショウガオールの特徴は体を温める効果に特化しています。

冷たいものの食べ過ぎなど、胃腸が冷えて機能が低下している場合に効果を発揮します。

ショウガオールはジンゲロールを加熱して乾燥させるとできる成分です。ジンゲロールに比べて刺激が強いのも特徴です。

  • 体を温める:◎
  • 発汗作用:△
  • 免疫力向上:○
  • 殺菌効果:◎

個人的には体を温めたいだけなら、ショウガオールが豊富な乾姜がおすすめです。少し使うだけで、すぐに体がポカポカになります。

また、刺激は強いのですが、使う量が少量で済むため、生姜の香りがあまり強く出ず、色んな料理に使いやすいのです。

強い香りが必要な薬味として使う場合は、乾姜は不向きなので、上手に使い分けてくださいね!

スポンサーリンク


まとめ


生姜も乾姜もどちらも体を温めるだけでなく、お腹の調子を整える効果が抜群です!

お腹が弱っている時には避けた方が良さそうな食べ物ですが、むしろ逆です。

普段は生姜を食べて、胃腸を元気に保つようにして、寒さや冷たいものの食べ過ぎで、胃腸が弱った時には、乾姜がおすすめです。

もちろん刺激もあるので、食べ過ぎには十分注意してください。

で、そんな私はヨーグルトと生姜を組み合わせたら、お腹に良い最強の食べ物になるのではないかと考えました。

そこで、試したのが生姜とハチミツを入れたヨーグルトです。紅茶だって生姜とハチミツを入れたら美味しいですよね!コツは生姜をあまり入れ過ぎない事です。

冬場の寒い時期にヨーグルトを食べ過ぎると、お腹が冷えちゃうのでおすすめですよ!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ