ヨーグルトを飽きずに美味しく食べる方法

ヨーグルトは健康効果の高い食べ物ですが、元々日本の食文化には乳製品を食べる習慣が無いため、毎日食べようと思うと飽きてしまうこともあります。ヨーグルトの健康効果を得るためには、たくさん食べる必要はありませんが、毎日食べることがとても重要です!

そこで、ここではヨーグルトの健康効果を保ちながら、飽きずに美味しく食べるための情報をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ヨーグルトは便秘に効かないの!?逆効果の食べ方をするな!

ヨーグルトは便秘解消に効果があると言われています。
しかし、実際には便秘に効かないことがよくあります。
実はヨーグルトは便秘解消に効果があるわけでなないのです!
では、便秘解消にはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは便秘解消のためのヨーグルトの正しい食べ方をお伝えします。

ヨーグルトでにんにくの臭い対策!おすすめの食べ方とは?

にんにくを使った料理は食欲をそそる香りがしますよね!
でも、気になるのがやはり臭いです。
にんにくの臭いを気にしてにんにくを避ける人も多いと思います。
でも、実はヨーグルトはにんにくの臭いを防ぐのです。
一体なぜなのでしょうか?
ここではヨーグルトでにんにくの臭いを防げる理由と、おすすめの食べ方をお伝えします。

バナナヨーグルトの効果!2つ合わせると相性抜群の理由とは?

ヨーグルトは整腸効果がある食べ物ですが、毎日食べるのは飽きてしまうのが難点です。
そこで、おすすめなのが、ヨーグルトにバナナを入れることです。
手軽でありながら、栄養のバランスの良い食べ方です。
なぜ、バナナヨーグルトは良いのでしょうか?
今回はバナナヨーグルトの効果と相性が良い理由をお伝えします。

乳酸菌を加熱すると死ぬ!効果はどうなってしまうの?

ヨーグルトは温めると整腸作用が上がると言われています。
しかし、温度が高すぎると乳酸菌は死ぬことになります。
乳酸菌は温度によって、活動の度合いが違うのです。
そのため、目的によって、最適な温度があります。
そこで、加熱した時の乳酸菌が死ぬ温度や、効果はどうなるのかについてお伝えします。

ビフィズス菌は効果があるの?下痢になる原因と正しい取り方!

腸の善玉菌の代表であるビフィズス菌には様々な健康効果があります。。
最近はビフィズス菌を直接取ることができるサプリも出ています。
しかし、このようなサプリやビフィズス菌入りヨーグルトで下痢になったという声を聞きます。
一体なぜなんでしょうか?
今回はビフィズス菌で下痢になる原因と正しい取り方をお伝えします。

ヨーグルトで腹痛が!下痢になってしまう原因と正しい食べ方!

お腹の調子を整えるためにヨーグルトを食べている方は多いと思います。
しかし、中にはヨーグルトを食べることで腹痛や下痢を起こしてしまう人もいます。
せっかく、ヨーグルトを食べているのに、なぜなのでしょうか?
そこで、ヨーグルトで腹痛を起こす原因と下痢の時の正しい食べ方についてお伝えします。

ヨーグルトを夜に食べると太るの?食べるのに最適な時間帯は?

ヨーグルトには様々な健康効果がありますが、カロリーが結構高い食品です。
そうなると気になるのが、ヨーグルトを食べると太ってしまうのではないかということです。
特に夜食べている人は、更に気になるのではないでしょうか?
今回はヨーグルトを夜に食べると太るのかどうかについてお伝えします。

カスピ海ヨーグルトを食べてみた!続けられる美味しい食べ方を紹介!

カスピ海ヨーグルトはちょっとヨーグルトらしくないヨーグルトです。
酸味が少なく、独特の強い粘りが特徴です!
家庭で増やすのも、とても簡単なため、ずっと食べ続ける事ができます。
今回はそんなカスピ海ヨーグルトを食べてみました!

ヨーグルトにオリゴ糖の効果!効くのは便秘だけじゃない!

オリゴ糖はヨーグルトと同じような整腸作用があり、便秘などの改善効果があると言われています。
しかし、オリゴ糖にはなぜそのような整腸効果があるのでしょうか?
調べてみると便秘だけではない様々な健康効果があることが分かりました。
今回はオリゴ糖の便秘以外の効果とヨーグルトとの相性の良さについてお伝えします。

無糖ヨーグルトのカロリー!その食べ方は間違ってるかも!

ヨーグルトは様々な健康効果がありますが、気になるのはカロリーではないでしょうか?
健康効果が高いからといって、ヨーグルトを食べ過ぎて、カロリーを取り過ぎてしまっては、意味のないことです。
そこで、今回は無糖ヨーグルトのカロリーとカロリーを抑えるための食べ方をお伝えします。

スポンサーリンク


このページの先頭へ