ヨーグルトの基礎知識

ヨーグルトには様々な健康効果がありますが、その効果を最大限に活かすためにはヨーグルトや乳酸菌の特徴を知っておく必要があります。しかし、ヨーグルトについては意外に知らない事ばかりです。

ここでは、ヨーグルトにまつわる基礎知識についてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ヨーグルトに入ってる砂糖の量!その量は驚異的な多さだった!

市販のヨーグルトには無糖と加糖の商品があります。
加糖タイプの商品はどれも美味しくて食べやすいですよね!
でも、含まれている砂糖の量を調べてみてビックリ!
実はとんでもない量の砂糖が入っています。
そこで、ここではヨーグルトに入っている砂糖の量と、その調べ方をお伝えします。

ヨーグルトが腐るとどうなるの?見分け方のポイントは2つ!

ヨーグルトは様々な健康効果のある発酵食品です。
自宅で手作りしている人も多いのではないでしょうか?
その時に一番気になるのが、安全性だと思います。
いったいヨーグルトは腐るとどんな状態になるのでしょうか?
ここでは、腐ったヨーグルトの見分け方を市販品と手作りの両方のパターンで解説します。

牛乳の歴史!日本ではいつから飲まれていたの?

ヨーグルトを始めとした乳製品は、今やすっかり日本でもお馴染みです。
でも、日本人が牛乳を飲むようになった歴史は浅いのです。
日本人はいつから牛乳を飲み始めたのでしょうか?
ここでは、日本での牛乳の歴史や、古代日本で食べられていた乳製品についてお伝えします。

プロバイオティクスって何?プレバイオティクスとの違いを解説!

最近よく聞くのが、プロバイオティクスという言葉です。
何だか体に良さそうですが、これっていったいなんのことでしょうか?
それにはプロバイオティクスだけでなく、プレバイオティクスについても理解する必要があります。
今回はプロバイオティクスとプレバイオティクスの意味と違いについてお伝えします。

ヨーグルトを冷凍すると乳酸菌は死ぬ?賞味期限は驚きの結果!

ヨーグルトはずっと食べていると、飽きてしまいます。
乳酸菌も時間が経つと死んでしまうため、食べない時でも何とか長期保存したいものです。
そんな時に思いつくのが冷凍保存です。
果たしてヨーグルトは冷凍保存できるのでしょうか>
そこで、ヨーグルトを冷凍した時の乳酸菌の状態や賞味期限についてお伝えします。

ビフィズス菌を増やす方法!間違った3つの方法とは!?

ビフィズス菌は腸に良いといわれています。
しかし、ビフィズス菌を増やすための正しい方法は、あまり知られていないのではないでしょうか?
世の中に広まっている方法は曖昧だったり、間違っているものも多いです。
そこで、今回はビフィズス菌を増やすための間違った方法と正しい方法をお伝えします。

ヨーグルトの定義とは?基準の菌数や成分を解説!

ヨーグルトは健康に良い食品として、お馴染みの食品です。
日本人も日常的に食べていることだと思います。
しかし、当たり前のように食べていますが、ヨーグルトがどのような食べ物かの定義はよく分かってないのではないでしょうか?
そこで、今回はヨーグルトの定義や基準となる菌数や成分についてお伝えします。

カスピ海ヨーグルトの種の保存期間は?余裕を持つなら冷凍で!

カスピ海ヨーグルトは自分で作ったヨーグルトを種にして、植え継ぐことができます。
自分で増やせる手軽さは魅力ですが、種が新鮮なうちに食べきらなければいけないプレッシャーもあります。
できれば焦らずに食べたいものですよね?
そこで、今回はカスピ海ヨーグルトの種の保存期間をお伝えします。

ヨーグルトを常温で放置しちゃった!一晩経っても大丈夫なの?

ヨーグルトは栄養価の高い食べ物です。
冷蔵保存するのが基本ですが、もし常温で放置してしまった場合でも食べられるのでしょうか?
果たして、一晩以上放置してしまったヨーグルトは食べても大丈夫なのでしょうか?
今回は一晩以上放置したヨーグルトはどうなるのかをお伝えします。

ヨーグルトの栄養の効果!乳酸菌が作り出す物質は超凄い!

ヨーグルトといえば乳酸菌が体に良いというイメージですが、実際にはどのような良いことをしてくれるのかは、ちゃんと知ってる人はそんなにいないのではないでしょうか?
実際にヨーグルトの健康効果の秘密は乳酸菌よりも乳酸菌が作り出してくれる物質にあります!
今回はヨーグルトの栄養の効果についてお伝えします。

スポンサーリンク


このページの先頭へ