下痢で肛門が痛い!理由は腸内環境が悪いから!?



突然、腹痛がしてきてトイレに駆け込んだら、ひどい下痢だったなんてこと、誰にでもある経験だと思います。

ひどい下痢の場合、肛門の周りがヒリヒリと痛くなることがありますよね?あれってなぜ痛いのでしょうか?

理由を調べてみると実は腸内環境にとって、非常にマズい状態になっていることが原因と分かりました。

下痢をすると、腸内環境は悪化のスパイラルに突入してしまうのです!

ここでは、下痢の時に肛門が痛い理由についてお伝えします。

スポンサーリンク


下痢の時に肛門が痛くなる理由

250381
ひどい下痢の時に肛門がヒリヒリと痛くなる理由は、便がアルカリ性だからです!

健康な腸の中は常に弱酸性に保たれています。そのため、通常の便も弱酸性なので、肛門の周りの粘膜は荒れることは無いのです。

しかし、アルカリ性にはたんぱく質を溶かす性質があります。泉質がアルカリ性の温泉の効能には、お肌をスベスベにする効果があります。これは皮膚の傷んだ部分をアルカリ性の温泉が溶かして綺麗にしてくれるからなんです。

温泉がアルカリ性なら良いのですが、便がアルカリ性の場合は肛門の周りの粘膜を溶かしてしまいます。そのため、荒れた粘膜はヒリヒリと痛んでしまうのです。


では、なぜ下痢をすると便がアルカリ性になってしまうのでしょうか?

今度はその理由を解説します。

スポンサーリンク


なぜ便がアルカリ性になるのか?

505458
下痢がなぜアルカリ性なのかを知る前に、そもそも下痢とはどういうものかを簡単に説明します。

下痢は食中毒菌や毒物、消化困難な食べ物など、人間に有害なものを素早く体外に排泄してしまうための腸の機能です。そのため、下痢になると腸は激しい蠕動運動により、短時間で一気に便を体外に排泄しようとするのです。

便がアルカリ性になる原因は、この激しく短時間で一気に便を出してしまうことにあります。

腸液はアルカリ性

実は腸で分泌される消化液のほとんどがアルカリ性です。

腸で分泌される代表的な消化液のPHはこうです。

【腸の消化液のPH】
消化液の種類 PH(7.0以上がアルカリ性)
胆汁 7.6~8.6
膵液 7.1~8.2
腸液 7.7

腸の中の善玉菌は食べ物を分解する過程で、様々な有機酸を作り出します。

正常な腸の場合は、ゆっくりと時間をかけて消化していきます。そのため、善玉菌も食べ物を分解するのに十分な時間があるため、アルカリ性の消化液が分泌されても、やがて弱酸性になるのです。

しかし、下痢の時は短時間で一気に排泄されるため、善玉菌が弱酸性に変える前に、肛門からアルカリ性の状態の便が出てしまうのです。

アルカリ性では悪玉菌が活発になる

099066
アルカリ性の便にはもう一つ厄介なことがあります。それは腸の中の悪玉菌はアルカリ性の環境を好み、善玉菌はアルカリ性の環境が苦手だということです!

下痢をすると腸内環境はアルカリ性になってしまうため、善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまうのです

腸内環境を改善するために、ヨーグルトや食物繊維豊富な食事をしたとしても、下痢をしてしまうと、腸内環境を一気に悪化してしまうのです!

下痢は今までの努力を台無しにしてしまいます。そんな下痢を誘発する原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

今度は下痢を誘発する生活習慣を見ていきましょう。

スポンサーリンク


下痢を誘発する生活習慣

843b183a74436ace3e26de1db628c4a9_s
私は元々、お腹を壊しやすく、すぐ下痢をする体質だったため、ヨーグルトなどの乳酸菌発酵食品を手作りして食べるようになりました。

しかし、色々な事を勉強して、実践した結果、お腹を壊さないようにするためには、お腹に良い食事をすることよりも、そもそも、下痢をする生活習慣をやめることが大事だと分かりました。

下痢を誘発する生活習慣には次のようなものがあります。

  • 過度なストレス
  • 不規則な生活習慣
  • アルコールの飲み過ぎ
  • 食べ過ぎ

過度なストレスや不規則な生活習慣は自律神経の働きを乱し、腸の消化機能を低下させます。

また、アルコールや食べ過ぎは、腸に過度な負担を与え、消化不良を引き起こす原因になります。

このような生活習慣をやめない限りは、腸内環境を良くする食事をしても無駄なのです!

下痢を誘発する生活習慣については、こちらの記事に更に詳しく書いているので、良ければご覧ください。
下痢体質の改善方法!腸内環境よりも重要なこととは?

とは言え、今まさに下痢をしているのであれば、どうしようもありませんよね。

ヒリヒリする肛門の痛みを抑えるにはどうすれば良いのでしょうか?

次はヒリヒリを和らげる方法をお伝えします。

スポンサーリンク


ヒリヒリを和らげる方法

肛門の痛みを和らげるには、早く下痢を治してしまうのが一番ですが、そんなにすぐに治るわけでもありませんよね。

やっぱり、応急的に痛みに対処する方法が知りたいところですね。

インターネットで調べると、ワセリンを塗るなんて方法がたくさん出てきますが、これはあまり効果的ではありません。

確かにワセリンを塗るとヒリヒリは治りますが、再び下痢をするとワセリンが取れてしまうので、すぐに効果がなくなっちゃうんです。下痢でワセリンが取れるたびに、また塗り直すせばよいかもしれませんが、塗り過ぎはかえって肛門のために良くありません。

一番のおすすめは、シャワー付きトイレでこまめに肛門を洗う事です。水は中性のため粘膜を刺激しません。

そのため、水で便の中に含まれるアルカリ性の消化液を洗い流してしまうことで、ヒリヒリを抑えることができます。

ただし、都合よくいつもシャワー付きトイレがあるわけじゃないですよね。公衆トイレには、まだまだ付いてない所もたくさんあります。

そこで、おすすめなのが携帯ウォシュレットです。突然お腹が痛くなったときなんかに重宝するので、私も愛用しています…。旅行の時なんかは必須なんですよね。

手動の物から電動のものまで、色々あり、値段もピンからキリまでです。Amazonと楽天のリンクを貼っておくの、自分の好みのものを探してみてくださいね。

Amazonで”携帯ウォシュレット”で検索した結果
楽天で"携帯ウォシュレット"で検索した結果

まとめ

473311
下痢の時に肛門がヒリヒリ痛むのは、便がアルカリ性になっているからでした!

そして、単に肛門がヒリヒリするだけではなく、腸内環境は一気に悪化しているのです。腸内環境が悪化すれば、更にお腹を壊しやすくなるため、どんどん悪循環に陥ってしまいます。

そんなことにならないためにも次のような下痢を誘発する生活習慣を避けましょう。

  • 過度なストレス
  • 不規則な生活習慣
  • アルコールの飲み過ぎ
  • 食べ過ぎ

どんなにお腹に良い食事をしていても、一度、下痢をしてしまうと、それまでの努力が台無しです!

普段の生活習慣に注意して、”快腸”な生活をしてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ