乳酸菌にはオリゴ糖と食物繊維!乳酸菌のエサで腸内環境改善!



乳酸菌を増やすためには、ヨーグルトを食べるのが良いというのは、今や当たり前のことですね。スーパーでも様々なヨーグルトが売られています。

乳酸菌を増やして、腸内環境を改善するには、毎日ヨーグルトを食べることが大切です。でも、毎日ヨーグルトを食べるのって飽きませんか?私は定期的に飽きてしまいます。

しかし、乳酸菌を増やす方法はヨーグルトだけではありません!実は他にも有効な方法があります!

そこで、今回は乳酸菌を増やす有効な方法であるオリゴ糖食物繊維についてお伝えします!

スポンサーリンク


乳酸菌を増やす方法

190264
腸内環境を改善するには、腸の中の乳酸菌をふやすことです。そのためにはヨーグルトを食べるばかりと思っていると実は他にも様々な方法があります。

代表的な方法には次のようなものがあります。

【腸の中の乳酸菌を増やす方法】
  • 腸の中を酸性にする
  • 乳酸菌は酸性の環境で増えやすい。腸の中を酸性にする代表的な方法はヨーグルトを食べること。

  • 悪玉菌のエサになる物を食べない
  • 悪玉菌は腸内環境をアルカリ性にするため、乳酸菌が増えるのを妨げる。そのため悪玉菌が好きな肉や魚を食べ過ぎないこと。

  • 生活習慣を改善する
  • 生活習慣が乱れると腸の機能が低下し便秘になる。便秘によって腸内の老廃物が増えて、悪玉菌が増えてしまう。

  • 乳酸菌のエサになる物を食べる
  • 乳酸菌は糖類をエサにして増える。実は乳酸菌を増やすのために最も大事。

誤解している人も多いのですが、ヨーグルトの中の乳酸菌は胃酸でほぼ死滅するため、生きたまま腸に届くのはごく僅かです。ヨーグルトで腸内環境が改善されるのは、腸の中が酸性になることが最も大きい理由です。

実は最も重要なのは乳酸菌のエサになるものを食べることです!そりゃそうですよね乳酸菌は生き物なので、何かを食べなければ生きていけません。

そんな乳酸菌が好きなのは糖類です。しかし、普通の糖類は乳酸菌がいる大腸に届く前に、ほとんど吸収されてしまいます。そのため、糖類なら何でも良いわけではありません。

乳酸菌のエサにするには、大腸まで届く特別な糖類でなければいけません。その特別な糖類が、オリゴ糖と食物繊維なのです。次はオリゴ糖と食物繊維が、なぜ大腸にまで届くのかを解説します。

スポンサーリンク


オリゴ糖と食物繊維が良い理由

139351
腸の中の乳酸菌を増やすには、オリゴ糖と食物繊維が有効です。

なぜ、これらが優れているのか、順番に解説していきます!

オリゴ糖

オリゴ糖は少糖類という種類に分類される糖分です。

このオリゴ糖の一番の特徴は、人間には消化吸収できないという事です。しかし、乳酸菌はオリゴ糖もエサにすることができます。

そのため、人間に消化吸収されないオリゴ糖は、腸内の乳酸菌を増やすのに最も有効です!

オリゴ糖の健康効果については、こちらの記事に更に詳しく書いているので、良ければご覧ください!
ヨーグルトにオリゴ糖の効果!効くのは便秘だけじゃない!

食物繊維

25a1e0b87c4119cddba26e9098eb072d_s
食物繊維の中でも、乳酸菌のエサになるのは、水溶性食物繊維と呼ばれる水に溶ける性質のある食物繊維です。

水溶性食物繊維は多糖類という種類に分類される糖分です。この多糖類の中にも人間には消化吸収できない物があります。その代表が水溶性食物繊維です。

この水溶性食物繊維も人間に消化吸収されませんが、乳酸菌のエサになります。また、水溶性食物繊維を多く含む食品は、大抵の場合、不溶性食物繊維も多く含んでいます

不溶性食物繊維は便秘の改善効果があるため、お腹の調子を整えるために更に良い効果が得られます!

食物繊維の健康効果については、こちらの記事に更に慈姑く書いているので、良ければご覧ください!
食物繊維には水溶性と不溶性がある!違いと効能を解説!


では、オリゴ糖や水溶性食物繊維はどのような食品に多く含まれているのでしょうか?

今度はそれについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


おすすめの食品

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s
腸の中の乳酸菌を増やすためには、日常的に乳酸菌のエサになるものを食べ続ける必要があります。

毎日食べるには、オリゴ糖や水溶性食物繊維が多く含まれている食品を知らない事には始まりませんよね。そこで、オリゴ糖や水溶性食物繊維を多く含む食品を順番に紹介します!

オリゴ糖を含む食品

029681
オリゴ糖が多く含まれている食品には次のようなものがあります。

【オリゴ糖を多く含む食べ物】
  • ごぼう
  • てん菜
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • アスパラガス
  • 大豆食品
  • バナナ
  • リンゴ
  • はちみつ

オリゴ糖が入っている食品には、食物繊維も豊富な物が多いですね。

バナナやりんご、はちみつなどはヨーグルトとも相性が良いため、合わせて食べると良いでしょう。ただし、オリゴ糖は自然界にはあまり多く存在しません。これらの食品は比較的多く含まれているものの、十分な量のオリゴ糖を食品だけから取るのは難しいです。

そこで、おすすめなのが、オリゴ糖のサプリメントです。砂糖の代わりに使えば良いだけなので、色々な料理や飲み物に使えるので便利です!

特に私がおすすめなのが、カイテキオリゴです。実際に1ヶ月間試したレポートがあるので、良かったら参考になさってください!
便秘にオリゴ糖は効果があるの?カイテキオリゴを試してみた!

水溶性食物繊維を多く含む食品

457d882a2c1d98d2c1d74f890c88ed24_s
今度は水溶性食物繊維を多く含む食品です。

水溶性食物繊維は次のような食品に多く含まれています。

  • ひじき
  • わかめ
  • 昆布
  • かんぴょう
  • 海苔
  • 切り干し大根
  • 大麦

水溶性食物繊維の特徴はネバネバ・トロトロしていることです。特に海藻には多く含まれています。昆布やわかめの表面のネバネバした部分が水溶性食物繊維です。

多く取るなら海藻がおすすめです!

スポンサーリンク


まとめ

398215
乳酸菌を増やすための方法といえば、ヨーグルトを食べることが有名です。しかし、実は一番効果があるのは、乳酸菌の好物のオリゴ糖や水溶性食物繊維を食べることです。

実際に母乳で育てられている赤ちゃんの腸内細菌の90%は、乳酸菌を始めとした善玉菌というデータがあります。

母乳にはオリゴ糖が含まれているため、ヨーグルトなど食べていなくても、乳酸菌がたくさんいるのです!

今回紹介したオリゴ糖や水溶性食物繊維を含んだこれらの食品を食べて、乳酸菌を増やしてくださいね!


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ