乳酸菌が殺菌された商品に効果や意味はあるの?死んでてOKな理由を解説!



最近の様々な研究では、腸内環境が人間の健康に大きな影響がある事が分かってきました。お腹に良い食生活を心がけているのは、私だけじゃないですよね?そんな整腸作用のある食べ物の中でも、最も手軽なのが、ヨーグルトではないでしょうか?

各メーカーが独自の研究で発見した、様々な乳酸菌を使ったヨーグルトがたくさん売っているので、日本でもすっかりお馴染みです。それらの中には、「生きたまま腸に届く」ということを声高に宣伝しているヨーグルトや乳酸菌飲料を良く見かけます。そんな売り文句を聞くといかにも整腸作用が高そうに感じますよね。

しかし一方で、一部の乳酸菌の食品やサプリメントの中には、乳酸菌を殺菌しているものがあります。乳酸菌がいないのに健康効果などあるのでしょうか?

実は乳酸菌が死んでいても、整腸作用があるのです。それどころか生きたまま腸に届くことには、あまり意味が無いんです!

一体なぜなんでしょうか?

そこで、今回は乳酸菌が殺菌されているヨーグルトやサプリメントの効果や意味についてお伝えします!

スポンサーリンク


乳酸菌が殺菌されていても効果がある理由

乳酸菌が殺菌されているヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントには整腸作用や健康効果など無い気がしますよね?

でも、効果はバッチリあります

なぜなのでしょうか?理由は次の二つです。

  • 整腸作用は乳酸菌の代謝物にある!
  • 乳酸菌はどうせ死んでしまう!

順番に説明していきます!

094d7abbd65c258ff65ef6c1f74c6298_s

整腸作用は乳酸菌の代謝物にある!

実は乳酸菌の整腸作用や健康効果は、乳酸菌自体にあるのではなく、乳酸菌の生命活動の過程で生産される代謝物にあります。乳酸菌は乳酸酢酸プロピオン酸などの有機酸や、ビタミン多糖体(免疫力を強める働きのある物質)など様々な物質を生産します。

そして、有機酸は腸の中を酸性にします。悪玉菌は酸性の環境では生きていくことができない性質を持っています。そのため、悪玉菌が減り、代わりに元々腸の中にいる善玉菌が増えることで腸内環境が改善するのです。そして、ビタミンや多糖体は、体内に取り込まれることで様々な健康効果をもたらします。

このように人間の腸内環境を改善してくれるのは、乳酸菌自体ではなく、乳酸菌が作ってくれる物質なのです。

実際に乳酸菌を殺菌したヨーグルトの効果をマウスで確かめた実験があります。
※参考記事
⇒ 大和薬品の生菌でも死菌でも効果は変わらない

乳酸菌の整腸作用についてはこちらの記事にも詳しく書いているので、良ければご覧ください!
ヨーグルトの健康効果!その秘密と効果的な食べ方を徹底解説!

乳酸菌はどうせ死んでしまう!

乳酸菌が生きたまま腸まで届くことを売り文句にしている乳酸菌食品はいくつもあります。

しかし、実は生きたままの乳酸菌を摂取しても、胃の中の胃酸によって乳酸菌のほとんどは死滅してしまいます。生き残って腸まで到達した乳酸菌も、腸に定着することはなく、すぐに死んでしまうのです。

腸の中にずっと住んでくれて、人間にとって有益な物質を作り続けてくれるのが理想ですが、実際はそんなことはありません。つまり、乳酸菌が生きたままのヨーグルトも殺菌されたヨーグルトもほとんど差が無いのです!

乳酸菌が腸まで届くことの意味については、こちらの記事に書いたので、良ければご覧ください!
ヨーグルトの乳酸菌は本当に腸に届く?実はほぼ全滅です!



さて、ここまでで乳酸菌の生死は整腸作用には、あまり関係しない事が分かったと思います。でも、スーパーで売られているヨーグルトは乳酸菌がちゃんと生きているものばかりです。

わざわざ殺菌しなくても良い気がしますよね?いったいなぜわざわざ殺菌してしまうのでしょうか?

今度はその理由を見ていきましょう!

スポンサーリンク


何で殺菌してしまうのか?

乳酸菌を殺菌していない方が売れる気がするのに、なぜ乳酸菌を殺菌してしまうのでしょうか?

それには次のような理由があります。

  1. 発酵を止めるため
  2. 容器の保全のため
  3. 賞味期限を長くするため

これらは商品を販売する時の品質を保持することが目的です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

発酵を止めるため

ccec229535ba285628429a1fc74cec87_s
乳酸菌は生きている限り発酵を続けます。発酵が進むと乳酸などの有機酸がどんどん生産されるので、味が酸っぱくなってしまいます。ヤクルトやピルクルのような乳酸菌飲料をずっと放置しておくと、とても酸っぱくなってしまうのは、発酵が進んでしまっているからなのです。

カルピスのような乳酸菌飲料の場合は、程よい酸味を維持して風味を良くするために、乳酸菌を殺菌して発酵を止めてしまっているのです。

容器の保全のため

発酵が進むと酸性度が強くなってしまうわけですが、そうなると容器を傷める恐れが出てきます。

特に容器が金属製だと、溶けて中身が漏れてしまう可能性もあるため、酸性度をあげないようにしているわけです。

賞味期限を長くするため

賞味期限というのは、その食品を美味しく食べることができる期限です。発酵が進むと糖分は乳酸菌に分解し尽くされ、酸っぱくなる上に風味まで落ちてしまいます。

味や成分などを保って、なるべく賞味期限を延ばすために乳酸菌を殺菌しているのです。

スポンサーリンク


まとめ

190253
乳酸菌は死んでいても、ちゃんと健康効果があるというのは、意外だったのではないでしょうか?

なぜ乳酸菌を殺菌していても大丈夫なのか?その理由をもう一度おさらいしておきましょう!

  • 乳酸菌の代謝物に健康効果がある
  • 人間の体に有益なのは、乳酸菌ではなく、乳酸菌の代謝物である

  • 腸の中に元からいる善玉菌が増えるから整腸作用がある
  • ヨーグルトやサプリメントの乳酸菌が腸に住み着くのではなくて、元々腸の中にいる乳酸菌が増えることで、腸内環境が改善する

  • 乳酸菌は腸に届く前に死滅している
  • 乳酸菌のほとんどは腸に届く前に死滅するので、腸内環境を変えるほどの乳酸菌が腸に届くことは無い

このように乳酸菌自体には、腸内環境を変える効果はほとんどありません。

それなのに広告では、乳酸菌が生きて腸に届くことが良いようなイメージを与えようとしています。

広告を鵜呑みにせず、ちゃんと正しい知識を持って、自分に合った乳酸菌の健康効果を引き出すことが大切です。ヨーグルトは多少古くても大丈夫ですし、酸っぱくなったヤクルトは健康に役立つ成分が増えているので、迷わず飲んでしまいましょう!

以上、酸っぱいヨーグルトが大好きな管理人でした!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ