ぬか漬けの乳酸菌の量!その乳酸菌はどこから来るの?



私はぬか漬けが好きです!

お腹が空いたときに、玉子かけご飯とぬか漬けで食べるのが特に好きです。時間がない時の玉子かけご飯とぬか漬けのコンビネーションは、最強だと思っています!

このぬか漬けは乳酸菌による発酵食品ということも素晴らしい点です!実は乳酸菌の量だけで見てみると、なんとヨーグルト以上です!

いったい、ぬか漬けにはどれくらいの乳酸菌が含まれているのでしょうか?

今回はぬか漬けの乳酸菌の量や、どこからその乳酸菌がやってくるかについてお伝えします。

スポンサーリンク


ぬか漬けの乳酸菌の量

f282088a8e72263b065b3b3dc552adb5_s
乳酸菌食品というと、すぐにヨーグルトをイメージするのではないでしょうか?しかし、ぬか漬けの乳酸菌の量はヨーグルトのはるか上を行っています!

ぬか漬けの乳酸菌の量はヨーグルトの10倍!

139351
ヨーグルトの乳酸菌の量の目安は、1mlあたり、1,000万個です。それに対し、ぬか漬けの乳酸菌の量の目安は、1gあたり1億個です。

ヨーグルト1mlの重さは1.03g程度とほぼ1gと考えて良いので、ぬか漬けにはヨーグルトのなんと10倍もの量の乳酸菌が含まれているのです!

ただし、ヨーグルトも発酵技術の進歩により、1mlあたり1,000万個を遥かに超える量の乳酸菌が含まれている商品もありますが、それでもぬか漬けには及びません。

乳酸菌豊富なぬか漬けの条件

085f92979e5e888792f7a04c9139836d_s
しかし、ぬか漬けならどんなものでも乳酸菌が豊富というわけではありません

実は仕込みたてのぬか床には、乳酸菌があまり存在しません。大体、1ヶ月を過ぎたあたりから乳酸菌に満ちたぬか床になるため、その時期以降のぬか漬けが、最も乳酸菌が豊富なものになるのです!

ちなみに市販のぬか漬けの場合は、ぬか床の経過時間は不明です。衛生面を考えて、ぬか床が古くなる前に、新しいぬか床に変えている可能性もあります。

乳酸菌を取りたいと考えると、やはり自分で手入れしているぬか床が理想的です!


しかし、ぬか漬けの乳酸菌は一体どこから来ているのでしょうか?最初の段階では少ないのはなぜなのでしょうか?

今度はぬか床の乳酸菌がどこから来ているのか見ていきましょう。

スポンサーリンク


乳酸菌はどこから来るの?

37a61a5a9f9f8010ac3bb613c81c58c5_s
ぬか漬けは米ぬか、塩、水で作るぬか床に漬けこんで作る漬物です。特に乳酸菌を入れるようなことはしていないのに、なぜこれほどまでに乳酸菌が多いのでしょうか?その秘密は米ぬかです。

乳酸菌は米ぬかからやってくる

26fab7f67429eafb7f56ae572a5f1b73_s
米のぬかの部分には、自然界に生息する植物性乳酸菌が存在しています。ぬか漬けの乳酸菌は米ぬかから来ているのです!

しかし、最初から乳酸菌豊富なぬか床になるわけではありません。仕込みたてぬか床で最初に増殖するのは同じく米ぬかなどに付着している大腸菌です!

大腸菌がたくさんいると聞くと、食べたらお腹を壊すんじゃないかと思うかもしれませんが、食中毒を引き起こすのは、O-157のような一部の病原性大腸菌だけなので、食べてもお腹を壊すことはありません。

やがて時間が経つと、段々と乳酸菌が増えてどんどん乳酸を作り出します。そして、ぬか床はだんだん酸性になると、酸性では生きていけない大腸菌は、だんだん減ってきて、ぬか床の中は乳酸菌で満たされます。ここまでに約1ヶ月かかります。

更に、ぬか床に様々な野菜を漬け込んでいると、野菜の表面についた他の乳酸菌酵母菌などがぬか床に混ざり、様々な乳酸菌や酵母菌がたくさん存在する豊かなぬか床になっていきます。ここまでになるのは、ぬか床を仕込んでから2ヵ月後くらいです。

本当に美味しくて健康的なぬか漬けになるまでには、2ヵ月の辛抱が必要なのです。


更にぬか漬けの乳酸菌にはとても素晴らしい特徴があります。

次はその素晴らしい特徴を紹介します!

スポンサーリンク


ぬか漬けの乳酸菌は生きたまま腸まで届く!

398215
ぬか漬けの乳酸菌は、生きたまま腸に届きやすいという特徴があります。

乳酸菌は胃酸にとても弱いため、胃の中でほとんどが死滅してしまいます。特にヨーグルトの場合は、ペースト状の食べ物のため、胃酸と良く混ざりあってしまうため、乳酸菌はほぼ全滅します。

しかし、ぬか漬けの場合は、固形物のである野菜の中に乳酸菌が浸透しているため、胃酸に触れずに生き残る乳酸菌が多数います。そのため、乳酸菌が生きたまま腸に届きやすいのです。

また、死んでしまった乳酸菌も十分な整腸作用があると言われています。ぬか漬けにはヨーグルトの10倍もの乳酸菌が含まれているため、乳酸菌の量の点でも、高い整腸効果が期待できるのです!



ただし、ぬか漬けの乳酸菌は植物性乳酸菌のため、腸の中に定着するのは難しく、すぐに居なくなってしまいます。常に腸の中に乳酸菌を届けるためには、毎日、ぬか漬けを食べることが重要です!

スポンサーリンク


まとめ

45b5128c9669cadaef849e59e95574ea_s
今回はぬか漬けに含まれる乳酸菌の量についてお伝えしました。

ぬか漬けの乳酸菌の量は、単純計算でヨーグルトの10倍と凄い量の乳酸菌が含まれています!しかし、どんなぬか漬けでも良いというわけではありません。

乳酸菌が豊富なぬか漬けは、次のような条件があります。

  • 仕込んでから1ヶ月以上経過したぬか床であること
  • 自然な方法で仕込んだぬか床であること

この2つの条件を満たすぬか床は、やはり自分で仕込んだぬか床です。

乳酸菌豊富なぬか床にするためには、日々手を入れることが重要ですが、その苦労を補って余りある食べ物がぬか漬けです。

是非、ぬか漬けに挑戦してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ