乳酸菌が多い食べ物!ヨーグルトがダメならこれがおすすめ!



私はこうしてヨーグルトを中心とした発酵食品のブログを書いています。こんなブログを書いている手前、毎日ヨーグルトを食べるようにしています。

しかし、実のところ毎日食べていると、1ヶ月に一度くらい必ず飽きがきます!乳酸菌は毎日お腹に入れ続けないと効果が無いため、飽きがくるというのは死活問題です!

そんなある日のこと、ふと思いました…。

「別にヨーグルトにこだわらなくてもいいんじゃないの?」

世の中には乳酸菌食品はたくさんあります。それらの食品も食べながら、常にお腹に乳酸菌を入れていけばいいのです。何で今まで気付かなかったんでしょうか…。というわけで、世界中の乳酸菌食品を調べてみました。

今回は乳酸菌が多い食べ物をあれこれと紹介します!

スポンサーリンク


乳酸菌が多い食べ物

190193
乳酸菌発酵の特徴は、何といっても発酵の過程で乳酸などの有機酸を作り出すことです。

酸味がある発酵食品には大抵、乳酸菌が多く含まれています

有名な乳酸菌発酵食品には次のようなものがあります。

  • チーズ
  • ぬか漬け
  • その他の漬物
  • ピクルス
  • ザワークラウト
  • なれずし
  • くさや
  • キムチ

これらの食品の特徴を順番に説明していきます!

チーズ

7bcda9562d38e63a547666c408dc2ae5_s
チーズは乳酸菌やカビなどの力で発酵させた食品です。たくさんの乳酸菌を含んでいます。

注意点としては市販品の中には、熱処理などで、殺菌してしまっているチーズがあることです。そのため、殺菌処理をしていないナチュラルチーズを選ぶようにしましょう!

ぬか漬け

f282088a8e72263b065b3b3dc552adb5_s
ぬか漬けは、自然界の乳酸菌によって発酵させたぬか床に付け込んだ野菜の漬物です。そのため、ぬか床の中の生きた乳酸菌がたっぷり含まれています。

ただし、ぬか漬けを作り始めたばかりのぬか床には、まだ乳酸菌が十分ではありません。概ね1ヶ月くらいすると、乳酸菌に満ちたぬか床になるため、頑張ってぬか床を手入れし続けてくださいね!

その他の漬物

944c22ec159301b0358f4a2b22dd3e93_s
ぬか漬け以外の野菜の漬物も乳酸菌発酵を利用しています。野菜の表面に元々存在する乳酸菌が付け込んでいる間に漬物を発酵させて美味しくするのです!

酸っぱければ酸っぱいほど、乳酸菌の量も多いので、浅漬けよりも古漬けの方が、多くの乳酸菌を取ることができます。

ピクルス

10c8e32f8d8e843da0afa76835931b7e_s
ピクルスといっても、野菜をただ酢漬けにしたものには乳酸菌が含まれていません

乳酸菌が多く含まれているピクルスは、酢を使わずに野菜の表面の乳酸菌の力で発酵させて、酸味を出したものです。

市販品のピクルスは、乳酸菌発酵させてない物がほとんどのため、ご注意ください!

ザワークラウト

0cc5fc3134a0cdac3dd5963baf41a0c2_s
ザワークラウトはキャベツを乳酸菌発酵させた食べ物です。よくソーセージの付け合わせとして添えられている食べ物です。その酸味はキャベツの表面の乳酸菌の発酵のおかげです。

キャベツ好みのスパイスがあれば家庭でも簡単に作ることができます

注意点としては発酵がどんどん進むので、放っておくと最後はドロドロになってしまうことです…。

その状態でも食べられますし、むしろその方が乳酸菌はたくさん取れます。しかし、とてもマズいので、作る時は少しずつ作るのをおすすめします!

なれ寿司

3aee02e48a24499fe38c007e8673c487_s
滋賀県名産の鮒寿司など、全国には魚を乳酸菌で発酵させた寿司があります。なれ寿司の特徴は酸味と強烈な腐敗臭です…。

かなりクセが強い食べ物なので、好みは分かれますが、その分、乳酸菌の量はかなり多いです!

くさや

d70222f9389075e9c84be9de8b83e1e8_s
くさやは、酸味とうま味を豊富に含む調味液に付けた魚の干物です。この調味液はくさや液と呼ばれ、長年、魚を浸してきたものを捨てずに使い続けています。

そのため、くさや液に溶けだした魚のたんぱく質が自然界の乳酸菌に分解されて、酸味とうま味を多く含んだものになっています

しかしながら、このくさや液はとても臭いため、当然、くさや液に漬けて作るくさやは強烈な腐敗臭がします!その臭いはくさやを焼くと更に拡散するため、かなり近所迷惑な食べ物です…。

キムチ

5b974db7612047463d5a8d4d88d568fe_s
最後はキムチです。日本人はキムチというと白菜のキムチをイメージしますが、単にキムチと言う時は野菜の漬物全般を指しています

キムチも野菜の表面に付いている自然由来の植物性乳酸菌の力で発酵しているため、爽やかな酸味とうま味が特徴です!

キムチには様々な種類があり、中には唐辛子を使っていない辛くない物もあるので、自分に合ったキムチを探してみると良いでしょう!


ここまでは乳酸菌が多い食べ物を紹介しました。

でも、毎日食べ続けるのはやっぱりたいへんですよね?食べ物以外の乳酸菌の取り方も知りたいところです。

そこで、次は食べ物以外で乳酸菌を取る方法をお伝えします。

スポンサーリンク


その他の乳酸菌の取り方

食べ物以外で乳酸菌を取るには次の2つの方法がおすすめです。

  • 乳製品ではない乳酸菌飲料
  • 乳酸菌サプリメント

順番に説明していきますね!

乳製品ではない乳酸菌飲料

最近は牛乳を使わずに乳酸菌発酵させたものもあります。

例えばカゴメのラブレは牛乳を使っていません。

↓カゴメのラブレ


ヨーグルトに飽きてしまった方や、乳製品がダメな人におすすです!

乳酸菌サプリメント

毎日続けて乳酸菌を取ろうと考えた場合、一番は手軽さだと思います。

腸内環境を整えるためには、毎日欠かさずに乳酸菌をお腹に入れ続けることが大切です。

例えばフジッコから出ている善玉菌のチカラなどのサプリメントなら手軽に取ることができます。

↓乳酸菌の力




ただし、サプリメントに頼り過ぎるのも良くありません。腸内環境は様々な菌が多様性を作り出していることが健全な状態なので、食品からも様々な乳酸菌を取るようにしましょう。

スポンサーリンク


まとめ

139351
今回は乳酸菌が多い食べ物を紹介しました。

乳酸菌が多い食べ物は次のようなものです。

  • チーズ
  • ぬか漬け
  • その他の漬物
  • ピクルス
  • ザワークラウト
  • なれずし
  • くさや
  • キムチ

家庭でも簡単に作れる食品もあるため、普段の食事で効果的に食べて、腸の中を乳酸菌で満たしてくださいね

ヨーグルトばかりが乳酸菌食品ではないので、あまりこだわり過ぎず、毎日の食生活を楽しんでください!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ