希少糖の種類と効果!その中でも凄いプシコースを徹底解説!



最近よく耳にする甘味料に希少糖というものがあります。希少糖が良いとされる理由の1つにカロリーが低いというのが、盛んに言われています。

カロリー低いだけだったら、オリゴ糖やキシリトールだって十分にカロリーが低いんですが、一体何がそんなに良いのでしょうか?

気になると調べずにいられない私は徹底的に調べてみました。すると他の糖には無い、凄い特徴が分かりました!

そこで、今回は希少糖とは何なのか?そして、希少糖の効果とその種類についてお伝えします!

スポンサーリンク


希少糖ってどんなもの?

acdd469af97725d35a909fa73788966a_s
希少糖とは言葉の意味そのままだと、少なくて貴重な糖ということになります。果たして希少糖とは、どんなものなのでしょうか?

まずは、希少糖について見ていきたいと思います。

希少糖とは何?

希少糖とは自然界にごく僅かしか存在しない糖のことです。自然界に存在する糖は果物や野菜などに存在しており、そのほとんどがブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、砂糖(スクロース)などです。

一方で、自然界に1%以下しか存在しない糖のことを希少糖と分類しています。

希少糖の種類

希少糖といっても、どれか1つの糖を指しているわけではなく、いくつもある糖の総称なのです!そのため、実は希少糖と言ってもとてもたくさんの種類の糖があるのです!

そこで、代表的な希少糖を紹介します。

  • L-グルコース
  • タガトース
  • キシリトール
  • エリスリトール
  • プシコース

いくつか代表的なものをピックアップして、簡単に説明しますね!

L-グルコース

L-グルコースはグルコースなので、ブドウ糖なのですが、普通のブドウ糖とは分子の構造が少し違います。

この分子構造の違いのせいで、L-グルコースは人間の消化酵素では分解できないため、カロリーがなんとゼロです!

タガトース

タガトースは砂糖の9割程度の甘さがあるにもかかわらず、カロリーが砂糖の4割程度です。

更には虫歯菌がエサにできない糖なので、虫歯の原因にならない糖です。

キシリトール

246307
キシリトールはかなり有名な糖ですね!

キシリトールは砂糖と同じ甘さがありますが、カロリーは砂糖の6割程度です。そして、キシリトールも虫歯菌がエサにできない糖です。

更にキシリトールは虫歯菌の結束力を弱めて、虫歯菌の活動を弱めるので、虫歯予防に高い効果があります。

また、キシリトールの方は甘さがスッキリしているのが特徴です!

エリスリトール

エリスリトールはカロリーがほとんどないのが特徴です。

更にはキシリトールと同じように、虫歯菌の結束力を弱める虫歯予防の効果があります。


このように希少糖と言っても、効果が様々です。そして、その中でも特に注目されている希少糖がプシコースという希少糖です。今度はプシコースの特徴と効果を集中して説明していきます!

スポンサーリンク


プシコースの特徴

040561
最近話題の希少糖ですが、今や希少糖と言えばこのプシコースを指すと言っても過言ではありません。プシコースは最近になって、でんぷんを分解することで、大量生産する技術が開発されたため、甘味料やお菓子としてたくさん出回るようになりました。

急に身近になったプシコースについて見ていきたいと思います!

砂糖の7割の甘さなのにカロリーがほぼゼロ

プシコースの一番の特徴は、砂糖の7割程度という十分な甘さがあるにも関わらず、カロリーが砂糖の0.3%と、とてもカロリーが低いのが特徴です。

普段使っている甘味料を砂糖からプシコースに変えるだけでも、摂取カロリーを減らせますが、プシコースの凄い所はそれだけにとどまりません!

ブドウ糖の吸収を阻害する

プシコースはなんと腸からブドウ糖が吸収されるのを阻害する働きがあるのです!

プシコースがブドウ糖の吸収を阻害する仕組みを図にしてみました。(図はクリックすると拡大します)

腸の中にはブドウ糖を吸収するための穴が存在します。

プシコース1


この穴はブドウ糖だけが通ることのできる穴なので、ブドウ糖はこの穴から吸収されます。

プシコース2


プシコースはブドウ糖と似た分子構造をしているため、腸はブドウ糖を吸収するための穴からプシコースを吸収しようとしますが、穴と微妙に形が合わないため、そのまま穴にはまってしまうのです!

プシコース3

プシコースがはまった穴からは、ブドウ糖は吸収できなくなってしまうため、更に摂取カロリーを抑える効果があるのです。

例えば、ただカロリーゼロの甘味料を使った里芋の煮ものと、プシコースを使った里芋の煮ものがあったとします。

ただのカロリーゼロの甘味料を使った方は、カロリーゼロの甘味料を使った分のカロリーだけ抑えられます。

一方で、プシコースを使った方は、プシコースを使った分のカロリーだけでなく、里芋を消化してできるブドウ糖の吸収も防ぐことができるので、更にカロリーが減るのです!

プシコースはブドウ糖の吸収を阻害するため、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。そのため、ダイエットやメタボ対策にも有効ですし、糖尿病などで糖質制限中の人でも使うことができます。

そんな、素晴らしい働きのあるプシコースですが、普通の砂糖の3倍くらいの値段と高価なのですが、既にプシコースの甘味料が市販されているので、ダイエットや糖尿病対策が必要な方は試してみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク


まとめ

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s
希少糖とは自然界にごくわずかしか存在しない糖のことでした。

希少糖にはいくつも種類があって、その種類毎に効果は違います。お菓子や飲料メーカーは希少糖という言葉のイメージだけで、商品を売り込んでくるため、その商品にどの希少糖が含まれているかを知って、目的の希少糖が含まれている商品を選ぶことをおすすめします!

希少糖は様々な健康効果を持っていますが、残念ながら安く大量生産する技術がまだ開発されていないため、気軽に手に入る物ではありません。今のところはプシコースとエリスリトールの甘味料しか販売されていません。

今後、プシコースやエリスリトール以外の甘味料も販売されると良いですね~。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ