腸内環境の改善方法!ヨーグルトだけじゃ不十分て本当!?



ヨーグルトは腸内環境を改善するのに効果的だと、私たちはなんとなく知っています。しかし、どうしてヨーグルトが腸内環境を改善するかはあまり知らないのではないでしょうか?

もちろんヨーグルトは腸内環境改善には一番効果的ですが、実はヨーグルトだけ食べていれば十分というわけではないのです。忙しい日常生活をしていると、すぐに腸内環境を乱すことをしがちです。

そこで、今回は腸内環境を改善する方法を詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク


腸内環境を改善するには?

082622
腸内環境を改善する一番良い方法はヨーグルトを食べることです。乳酸菌の代謝物である乳酸や酢酸などの有機酸は、腸の中を酸性にして悪玉菌が住みにくい環境にする効果があります。

しかし、腸内環境を改善するには実は次のことが大切です。

  • 乳酸菌には直接的な良い効果があるわけではない
  • 人間にとって重要なのは、善玉菌が作ってくれる人間にとって有益な栄養素です。乳酸菌自体も有益な栄養素を作ってくれますが、腸の中には定着できません。乳酸菌の一番の役割は腸の中を善玉菌が住みやすく悪玉菌が住みにくい環境に変えて、善玉菌の数を増やすことです。そのため、善玉菌を増やす方法を考えることが重要です。

  • 善玉菌にとって住みよい環境にする
  • ヨーグルトなどを食べて、腸内を善玉菌が増えやすい環境に変えることは重要です。しかし、それだけでなく善玉菌の好きな食べ物を食べるようにすることで、善玉菌にとって更に住みよい環境にすることが重要です。

※ちなみにヨーグルトの整腸作用については、こちらの記事で既に詳しく書いているので、良ければご覧ください。
ヨーグルトの健康効果!身体に良いのは乳酸菌ではない!?

善玉菌の好きな食べ物を食べる

40f8970f6d4d71678b9f13c00265354d_s
既に説明した通り、善玉菌を増やすには、善玉菌の住みやすい環境を作るために、ヨーグルトを食べることと、善玉菌の食べ物をたくさんあげることが大切です。

そこで、ヨーグルトを食べる以外に、善玉菌の好きなものを食べる必要があります。善玉菌の好きなものは次のようなものです。

【善玉菌の好きなもの】
  • オリゴ糖
  • 善玉菌の大好物のオリゴ糖は、豆類、牛乳、ごぼう、アスパラガス、たまねぎなどの野菜に多く含まれています。

  • 水溶性の食物繊維などの多糖類
  • 善玉菌が好む水溶性の食物繊維は豆類、にんにく、ごぼう、さつまいも、オクラなどの野菜に多く含まれています。

こうして見ると善玉菌が好む食べ物は野菜が多いことが分かります。ごぼうオリゴ糖食物繊維も含んでいるため、とても優秀な食材といえます。野菜自体も様々な植物栄養素(フィトケミカル)が含まれているヘルシーな食材ですが、更に腸内環境を整えるという意味でも、健康効果の高い食材なのです!

善玉菌を増やす方法についてはこちらの記事に更に詳しく書いているので、良ければご覧ください!
善玉菌を増やす方法!ヨーグルト以外の効果的な食べ物!

悪玉菌の好きな食べ物の食べ方を気を付ける

6d3db14bb93d25972c7431d38a6b84fd_s
悪玉菌を減らすには、善玉菌の時とは逆に悪玉菌の好きな食べ物を控えればいいわけです。

悪玉菌が好むのは肉や魚などのタンパク質です。肉を食べた時のウンチがとても臭いという経験は無いでしょうか?それは、大好物の肉を悪玉菌が食べることで、たくさんの腐敗物質ができたからなのです。

じゃあ、肉や魚を控えれば良いのかというと、そう簡単にはいきません。なぜなら悪玉菌が好きな肉や魚は人間にとっても必要なタンパク質を採るために重要な食材だからです。

肉や魚を食べないわけにはいかないので、肉や魚を食べる時は次のことにだけ注意しましょう。

  • 焦げてる部分は食べない
  • 焦げている部分はタンパク質が変性してしまっています。変性したタンパク質は人間には分解することができませんが、悪玉菌には可能です。変性したタンパク質は悪玉菌のエサになるだけでなく、悪玉菌が分解すると発がん性物質を生み出してしまいます。

    焦げた肉や魚は人間にとって百害あって一利無しなので、焦げている部分を食べるのはやめましょう!

  • 野菜と一緒に食べる
  • 既に説明した通り、野菜は善玉菌の大好物なので、腸内環境のバランスを取るために肉や魚を食べる時は、同時に野菜も食べて善玉菌も増やすように心がけましょう!


悪玉菌を減らす方法はこちらの記事に更に詳しく書いたので、良ければご覧ください!
悪玉菌を減らす方法!良い食べ物はヨーグルトだけじゃない!

無理なダイエットをしない!

112391
ダイエットをする時はただ食べないだけ、カロリーを減らすだけの無理なダイエットはやめましょう!食べる量を減らすことは、腸内細菌の食べ物も減るため、全体的に善玉菌も悪玉菌も減ってしまいます

悪玉菌が減るのは良いですが、善玉菌まで減るのは体のために良くないので、ダイエット中でも野菜や果物を中心の食事にして、善玉菌の数を維持するように心がけましょう!

スポンサーリンク


おすすめの食生活

f40e65bd9cf80b373ef3444eb53e64bf_s
それでは腸内環境を整えるために一番良い食生活はどのようなものでしょうか?それはズバリ和食です!

和食には漬物や納豆、醤油、味噌など、乳酸菌や麹菌を使った、たくさんの発酵食品があります。また、野菜や海藻などの食物繊維もたくさん取ることができる優れた料理なのです!

和食の効果を更に上げるために次のことを意識したメニューにしましょう!

  1. 発酵食品を食べる
  2. 納豆や糠漬けなどをの発酵食品をメニューに入れる。

  3. 食物繊維を摂る
  4. 漬物や野菜やキノコ類を使った味噌汁や副菜をメニューに入れる。

  5. 豆類を食べる
  6. 納豆や豆腐、枝豆など善玉菌が好む豆類の食材を使うこと。

  7. 肉や魚は焦がさない
  8. 肉や魚を焼く場合は焦がさないようにするか、煮物にするなど、自然な調理法にする。


スポンサーリンク


まとめ

139351
今回は腸内環境を改善する方法をお伝えしました。私たちはヨーグルトを食べていれば、なんとなく腸内環境が良くなると思っていますが、大切なのは善玉菌を増やすことです。

そのためには、ヨーグルトを食べるだけでなく、善玉菌が好むものを食べて、悪玉菌が好むものを食べるのは、ほどほどにすることが大切です!

この事を意識して、是非、腸内環境を改善する食生活を意識してくださいね!


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ