ヨーグルトの乳酸菌は本当に腸に届く?実はほぼ全滅です!



市販のヨーグルトや乳酸菌飲料の売り文句に「生きたまま腸に届く」というものがあります。CMや広告でそう言われると生きたまま腸に届く乳酸菌の方が良いんだなぁと思ってしまいます。

でも、乳酸菌は腸に届かないと効果が無いのでしょうか?腸まで乳酸菌が届かないヨーグルトは食べても意味が無いのでしょうか?腸まで乳酸菌が届くメリットってなんなのでしょうか?

そこで、ヨーグルトの乳酸菌が腸にまで届くことにどんな意味があるのかをお伝えします。

スポンサーリンク


乳酸菌は腸に届いてるのか?

2ca426d99e9c134763eec7a186c1cf02_s
まず、乳酸菌は腸に届いているのでしょうか?実際のところはどうなのでしょうか?

まずは乳酸菌が「生きたまま腸まで届く」の真実について見ていきましょう!

実は胃でほぼ全滅

乳酸菌が腸に到達する前には、胃があります。実は大抵の乳酸菌は胃酸に対してとても弱いため、ヨーグルトを食べたとしても、ほぼ全滅してしまいます!

「生きたまま腸まで届く」とうたっているヨーグルトでさえも、かなりの乳酸菌は死んでしまうのです。

しかしながら、重要なポイントはほぼ全滅するものの、乳酸菌の内の少しは生きたまま腸に届いているということです。どのヨーグルトでも乳酸菌は生きたまま腸に届いているのです。

生きたまま腸に届くと何が良いのか?

146939
どんなヨーグルトでも乳酸菌は生きたまま腸に届きます。では、晴れて腸にまで到達した乳酸菌はどんな健康効果をもたらしてくれるのでしょうか?実は乳酸菌自体は腸の中ではあまり活躍することがなく、大抵の乳酸菌は長くても数日で居なくなってしまいます…

残念ながら乳酸菌にとっては、腸の中はあまり住みよい場所じゃありません。乳酸菌が元々住んでいた場所は、人間の腸の中ではありません。ヨーグルトの乳酸菌にとって住みやすい場所はやっぱり温かい牛乳の中が一番なのです!

ヨーグルトの健康効果!身体に良いのは乳酸菌ではない?」の記事にも書きましたが、乳酸菌自体に整腸作用があるのではなく、乳酸菌が生産する乳酸などの代謝物が元々腸の中にいる善玉菌を増やすことで整腸作用が生まれます

そのため、乳酸菌には活発に活動して、どんどん増えてもらわないと、代謝物は生産されません。単に生きたまま腸に届けば良いのではなく、長く腸にとどまってもらえるかが重要です。

スポンサーリンク


乳酸菌が腸にとどまることのメリット

では、乳酸菌が腸にとどまってくれると、どのようなメリットがあるのでしょうか?主なメリットは次の3つです。

  • 乳酸を始めとした有機酸を作ってくれる
  • 人間にとって有益な栄養素を作ってくれる
  • 善玉菌を増やしてくれる

順番に説明していきます!

乳酸を始めとした有機酸を作ってくれる

乳酸菌は乳酸菌自身の生命活動の過程で、乳酸や酢酸を始めとした有機酸を作ってくれます。その結果、腸の中の酸性度が上がることで、乳酸菌自身が活動しやすい環境になり、悪玉菌の活動を抑え、悪玉菌を減らしてくれます

人間にとって有益な栄養素を作ってくれる

乳酸菌の代謝物の中には人間にとって、有益な栄養素がたくさん存在します。有名なものは、R-1ヨーグルトの乳酸菌が生み出すEPS(多糖体)があります。EPSは人間の体に取り込まれると白血球の活動を促進して、免疫力がアップします!

善玉菌を増やしてくれる

乳酸菌の一番の働きは、腸の中の善玉菌を増やしてくれることです。善玉菌は酸性の環境を好むので、乳酸菌が酸性度を上げてくれると、善玉菌がたくさん増えるのです。善玉菌は腸の中でビタミンB群ビタミンKなどを生産してくれるほか、アレルギー症状も緩和してくれることが分かってきています!

スポンサーリンク


腸にとどまってくれる乳酸菌

190193
というわけで、乳酸菌は腸まで届くことよりも、なるべく長くとどまってくれる方が望ましいわけです。では、腸に長くとどまってくれる乳酸菌を取るにはどんなヨーグルトが良いのでしょうか?

おすすめは雪印メグミルクの「」です。このヨーグルトに含まれているガセリ菌は、元々人間の腸に生息している乳酸菌のため、とても長い期間、腸にとどまってくれます。

雪印メグミルクのWebサイトに記載された情報によれば、実験で8人の人に1000億個のガセリ菌を7日間続けて、摂取してもらった後に便の中の菌を定期的に調べたところ、90日後でも4人の人の便からガセリ菌が検出されたそうです。他の乳酸菌はせいぜい数日間なので、断然長い期間、腸にとどまってくれます。

しかし、この実験では1000億個のガセリ菌を摂取していますが、実際にこれを「恵」ヨーグルトで摂取しようとすると10Kgも食べなければいけません。日常的に食べ続けられるのはせいぜい100g~300gくらいだと思うので、一日に摂取できるのは10億個~30億個です。

恵を食べていれば、この実験と同じ効果が得られるとは限らないのでご注意ください!


スポンサーリンク


まとめ

f4551849c6403f520ae9fbd1c6a6627c_s
ヨーグルトは腸にまで届くことよりも、長くとどまり続けることが大切です。ヨーグルトを選ぶ時の判断基準の一つとしてみてください。

しかし、いずれにせよヨーグルトを食べるのを止めるとすぐに腸内環境は悪くなってしまうので、毎日食べ続けることが基本です!常に腸内環境を良い状態にできるように、ヨーグルトを食べることを習慣化してみてください!


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ