ヨーグルトの健康効果!身体に良いのは乳酸菌ではない!?



ヨーグルトは体に良いとか、腸内環境を整えるとかって良く聞くと思います。でも、実際のところはなんで身体に良いのでしょうか?私はお腹が弱いので、ヨーグルトを自分で手作りして食べていますが、昔はとにかく体に良いんだろうと思って、何も考えずに食べていました。

しかし、乳酸菌が直接、体に良い効果をもたらすわけではないのです!じゃあ、ヨーグルトの何が健康効果をもたらすのでしょうか?

そこで、今回はヨーグルトの健康効果の入門編として、ヨーグルトがなぜ体に良いのかの基本をお伝えします!

スポンサーリンク


ヨーグルトが健康に良い理由

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s
皆さんはヨーグルトが健康に良いのは、ヨーグルトの中にいる乳酸菌のおかげだと思ってますよね。でも、ヨーグルトの健康効果は分かっていない事も多いのです。

特にヨーグルトが腸内環境を良くする理由については、まだよく分かっていないのです!よく「乳酸菌が生きたまま腸まで届く」なんて売り文句を聞きますが、それで本当に整腸効果があるかどうかは不明と言うのが現状なのです。

では、いった乳酸菌の何が体に良いのでしょうか?それには、まず人間の腸内環境について知る必要があります。

腸の中の状態

190169
人間の腸の中には、100種類以上の腸内細菌がいると言われています。それらの腸内細菌は腸の中におよそ100兆個も住んでいて、ちょっとした生態系を作っています。

同じ種類の細菌は、通常はコロニーという円形の固まりになります。腸の中でも様々な細菌がコロニーを形成しています。それがあたかもお花畑のような様になってるため、腸内細菌の生態系のことを腸内フローラと呼ぶこともあります。(フローラとはお花畑の意味)

腸内細菌は人間が食べた物をエサにして、それをもとに様々な物質を作り出します。そんな腸内細菌の中には人間にとって、となる物質を産生する悪玉菌と、人間にとって有益な物質を作り出す善玉菌、そして、悪玉菌と善玉菌の優勢な方の味方をする日和見菌という3種類の菌が存在するのです。

悪玉菌は有害なため、人間に寄生している細菌と言えます。悪玉菌の代表格はウェルシュ菌という、自然界に広く生息している菌です。ウェルシュ菌はさほど毒性は強くありませんが、とにかく生命力が強く、どんな人の腸の中にも存在します。

一方の善玉菌は有益なため、人間と共生している細菌です。代表的なものはビフィズス菌です。ビフィズス菌は人間にとって有益な様々な物質を作り出してくれます。その中にはビタミンBなどの人間が作ることができない栄養素もあります。

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす!

腸の中は悪玉菌、善玉菌、日和見菌の3種類の菌が微妙なバランスで、存在しています。しかし、食事が偏って悪玉菌が好きな物ばかり食べたり、腐ったものを食べたり、抗生物質を飲んだりなど、色々な理由でこのバランスが崩れて、悪玉菌が増えると体にとって害のある物質を悪玉菌がたくさん生みだします!

そうなると日和見菌まで、悪玉菌の味方をして悪い物質を生み始めるのです…。そうなると体に有害な物質が腸から吸収されてしまうので、健康には良くありません。

また、悪玉菌が優勢な状態では、もっと凶悪な食中毒菌が増えてしまいます。そして、最悪の場合、食中毒を起こしてしまうのです。

064578
しかし、ヨーグルトを食べると善玉菌が増え、悪玉菌が減ることで腸内環境が改善することが、経験的に分かっています。

善玉菌が増える理由とは、いったいなんなのでしょうか?

更にその理由を見ていきましょう!

スポンサーリンク


ヨーグルトが善玉菌を増やす理由

082622
最初にも書いた通り、ヨーグルトが腸内環境を改善するハッキリした理由は分かっていません!

実は乳酸菌自体は、ほとんどが胃酸によって死滅してしまい、生きて腸に届くのはごくわずかなのです。そして、腸に届いたとしても腸の中に定着することはなく、時間が経つといなくなってしまいます。そのため、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が直接、体に良いことをしてくれるわけではないのです。

ヨーグルトが腸内環境を改善する理由として推測されているものには、次のようなものがあります。

  • 乳酸菌の代謝物が善玉菌のエサになる
  • ヨーグルトの乳酸によって腸内環境が酸性になる

簡単に説明しますね。

乳酸菌の代謝物が善玉菌のエサになる

乳酸菌は牛乳を発酵させる過程で、様々な代謝物を生成します。これらの物質が腸の中に最初からいる善玉菌のエサになり、善玉菌が増えるのを助けるのです。

また、乳酸菌の細胞の中にも様々な物質が存在しています。これらも善玉菌のエサになると考えられています。そのため、乳酸菌が胃酸によって死んでしまっても、死んだ乳酸菌の細胞内の物質によって、ビフィズス菌を始めとした善玉菌が増えるのです。

そして、善玉菌は増える過程で乳酸を作り、腸の中を酸性にしてくれます。

酸性の環境では、悪玉菌は増えることができないため、善玉菌が増えることで、自然に悪玉菌を減らすことができます。

ヨーグルトの乳酸によって腸内環境が酸性になる

乳酸菌は牛乳を発酵させる過程で、たくさんの乳酸を作り出します。ヨーグルトに爽やかな酸味があるのは、この乳酸のおかげなのです。

この酸っぱいヨーグルトを食べると、やはり腸内環境は酸性に傾きます。そのため、悪玉菌が増えにくい環境になり、善玉菌が増えやすい環境になるのです。


つまり、ヨーグルトが身体に良い理由は、腸の中に元々いる善玉菌を増やしてくれるからなのです。

では、腸の中に元々いる善玉菌が増えると、どのような良いことがあるのでしょうか?

スポンサーリンク


腸内環境が改善すると何が良いの?

4f8743271e63c97487418979fa43ed25_s
善玉菌が増えると、様々な健康効果があります。腸内細菌は人間が食べた物を栄養として生きています。悪玉菌は腐敗物質や毒性のある物質を作るのに対し、善玉菌は次のような働きをします。

  • 様々なビタミンを作る
  • 人間の体が作ることができないビタミンB群やビタミンKを作ってくれます。

  • 食物繊維などを糖などのエネルギー源に変えてくれる
  • 人間の体では消化することができない食物繊維などを消化して、糖などのエネルギー源に変えてくれます。

  • 体に良い有機酸を作る
  • 乳酸を作り、腸内の酸性度を上げることで、悪玉菌を減らします。また、酢酸や酪酸、プロピオン酸などの人間のエネルギー源になる短鎖脂肪酸を作り出します。

このように善玉菌は体に良い栄養をたくさん作ってくれます。実は善玉菌が作ってくれる良い物質は様々で、ここにあげた物質だけではないのです!善玉菌を増やすことは体にとって、とても重要なのです!

だから、ヨーグルトは毎日食べ続けることが大切です。毎日食べることで腸の中の善玉菌を増やすことができるのです!また、健康効果をもたらすのはヨーグルトの乳酸菌自体ではなく、乳酸菌の代謝物なので、加熱したり、調理したりして、乳酸菌が死んでしまったとしても、問題無く健康効果が得られます

乳酸菌が死んでしまっては、効果が無いからと一生懸命、冷たいプレーンヨーグルトを食べていたのなら、もうそんなに頑張る必要はありません!カレーに入れようが、ケーキの生地に練りこんで焼こうが、どんな食べ方でもOKなのです!

実際にヨーグルトの本場のブルガリアではそのまま食べるよりも、料理して食べることがほとんどです!

毎日プレーンヨーグルトを食べ続けるのは、飽きてしまいますよね?飽きが来ないように、色々と食べ方を工夫してみてください!

スポンサーリンク


まとめ

146939
まずはヨーグルトの健康効果の基本中の基本をお伝えしました。ヨーグルトの健康効果は乳酸菌ではなく乳酸菌の作る代謝物によって、腸内の善玉菌が増えることでもたらされる効果なのです。

その善玉菌がもたらしてくれる健康効果の主なものは次の3つです!

  • 様々なビタミンを作る
  • 食物繊維などを糖などのエネルギー源に変えてくれる
  • 体に良い有機酸を作る

どんな食べ方でもヨーグルトの健康効果は得られます。大切なのは毎日食べ続けることです!自分に合った食べ方を工夫して、毎日続けてください!

ちなみに私はフルーツジャムを入れて食べるのが最も好きです!でも、カロリー注意な食べ方なので、ダイエット中の方はご注意ください!


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ