ヨーグルトを混ぜると効果が無くなる?乳酸菌の驚きの力!



管理人の私はこんなブログを書いているせいもあり、色々なヨーグルトを食べています。しかし、そんな中でよく思うのですが、ヨーグルトは同じものだけ食べないと効果が無いのでしょうか?

色んなヨーグルトを混ぜて食べたら、色んな乳酸菌の健康効果を一緒に取ることができて、お得なのではないでしょうか?と思って色々と調べてみると同じ疑問を持っている人が世の中に多くいることが分かりました。

そこで、ヨーグルトは混ぜると効果はどうなっているのかについて調べてみたので、皆さんにも共有します!

スポンサーリンク


ヨーグルトは混ぜても効果があるのか?

082622
ヨーグルトは各メーカーが研究して発見した独自の乳酸菌が使われています。それらの乳酸菌を混ぜると喧嘩して効果が無くなってしまうのでしょうか?それとも相乗効果でより健康効果が増すのでしょうか?

いくつかの角度から見ていきたいと思います。

ヨーグルトは複数の乳酸菌で発酵している

まず、乳酸菌が複数一緒にいると喧嘩するのではないかという疑問ですが、そんなことはありません。そもそも、ヨーグルトは一種類の乳酸菌だけでは、作ることができません。必ず2種類以上の乳酸菌が上手に連携して発酵しています

代表的なのはブルガリア菌サーモフィラス菌の2種類の乳酸菌による発酵です。この二つの菌は牛乳の中でお互いのエサになる物を作り合いながら増えていくのです。まず、サーモフィラス菌が牛乳のたんぱく質を分解して蟻酸を作り出します。そして、ブルガリア菌が蟻酸を食べて、サーモフィラス菌のエサになるたんぱく質アミノ酸を作ります。

そのようにして、2つの乳酸菌はどんどん増えて発酵を進めて、牛乳をヨーグルトにするのです!乳酸菌は喧嘩し合うどころか、お互い助け合って増えていく菌なのです。

乳酸菌発酵についてはこちらの記事に詳しいことが書いてあるので、良ければご覧ください!
市販のヨーグルトで種菌にできる種類!成功するのはコレ!

腸の中には複数の乳酸菌が存在する

腸の中には人間に有益な物質を作り出す細菌が住んでおり、それらをまとめて善玉菌と呼んでいます。善玉菌の多くは乳酸菌で、更に腸の中の乳酸菌は複数の種類が存在しています。

これらの善玉菌同士はお互いのエサになる物質を作り出して、共に助け合いながら生きています。そして、人間の体にとって有害な物質を作り出す悪玉菌と戦って減らす働きをします。

乳酸菌は腸の中でも協力して自分たちが住みやすい環境を作っているのです!

乳酸菌は酸性の環境が好き

乳酸菌はその名の通り、乳酸を作り出すという特徴があります。全ての乳酸菌は酸性の環境が大好きで、酸性の環境で活発に増えていくのです。そのため、ある乳酸菌が乳酸を作って、酸性の環境を作ると他の乳酸菌も元気になって更に乳酸を作り出します。

このように乳酸が増えていくことでの相乗効果で、お互いが住みやすい環境を作るのです。

ちなみに酸性の環境になると乳酸菌以外の雑菌は生きていけなくなります。ヨーグルトの中が酸性になれば、腐りにくい保存食になり、腸の中が酸性になれば悪玉菌を減らして腸内環境を改善することになります。

実は乳酸菌はお互いの相乗効果で生きている菌なのです!

スポンサーリンク


混ぜて食べるのは良いとこ取り!

332072
というわけで、違った種類のヨーグルトを混ぜることは、なんら問題ありません。世の中には様々な健康効果のある乳酸菌が存在するので、それらの健康効果を一度に得ることができるので、混ぜて食べるのはとても合理的です!

更に手軽にヨーグルトの健康効果を上げるには、次のような食べ方をすると良いです!

【ヨーグルトの効果を上げる手軽な食べ方】
  • オリゴ糖を入れる
  • オリゴ糖は腸の中のビフィズス菌のエサとなるため、ビフィズス菌が増えます。ビフィズス菌が増えると相乗効果で他の乳酸菌も増えるため、ヨーグルトにオリゴ糖を入れると効果的です!

  • 人肌に温める
  • 冷たい食べ物は胃腸の機能を低下させるため、消化不良や下痢や便秘の原因になります。ヨーグルトは冷蔵庫から出してそのまま食べずに電子レンジで人肌程度に温めると胃腸の負担が無く効果的です!

私もヨーグルトにはオリゴ糖を入れて食べています。フルーツにもオリゴ糖は含まれていますが、フルーツの糖分はオリゴ糖だけではないので、市販のオリゴ糖シロップを使うのがおすすめです!

Amazonや楽天だけでもたくさんの商品があるので、この中からお好みの物を探してみてはいかがでしょうか?
Amazonで”オリゴ糖”で検索した結果
楽天で"オリゴ糖"で検索した結果

この中にはシロップではなく、粉末のサプリメントもあります。サプリメントの場合はオリゴ糖の含有量も多い分お値段も高いので、それも頭に入れて選ぶと良いと思いますよ。

スポンサーリンク


まとめ

158928
ヨーグルトの乳酸菌は実は1種類だけでは、その働きは弱いのです。そもそも、ヨーグルトは複数の乳酸菌の連携技でできているものです。そのため、複数のヨーグルトを混ぜて食べることは理に適っています!

また、ヨーグルトによっては食感や酸味なども違うため、好みの味にするためにも混ぜて食べるのはおすすめです。私もあまりに酸っぱいヨーグルトは苦手なので、酸味がマイルドでクリーミーなヨーグルトと混ぜて食べたりすることもあります。

是非、自分好みのブレンドヨーグルトを楽しんでください!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ