ヨーグルトでは便秘は治ない!便秘改善のためには発想の転換が大事!



私は毎日ヨーグルトを食べ続けています。そんな私が、元々ヨーグルトを食べ始めたきっかけは、お腹が弱くてすぐに下痢や便秘をしてしまうからでした。そんな弱いお腹を何とかしたいので、ヨーグルトを食べ始め、そのうちに自分で作るようになってしまいました。

でも、ヨーグルトを毎日食べ続けている私でも、相変わらず下痢や便秘になることがしばしばあります。これってヨーグルトには整腸作用が無いという事なんでしょうか?もちろんそんなことはありません。

しかし、実は世の中の人はヨーグルトに関して大きな勘違いをしてるんです!

ヨーグルトを食べたから、下痢や便秘が治るわけじゃありません。むしろもっと大切なことがあるのです!

というわけで、ここではヨーグルトと便秘に関する誤解と、便秘対策のために大切な基本的な考え方をお伝えします。

スポンサーリンク


ウンチを出すだけなら断食するのが一番!

ヨーグルトを食べると便秘が改善するというイメージがあります。

しかし、単にウンチを出すだけであれば、十分な水分を取りながら、断食をすることの方が効果があるのです。

その理由はそもそもの便秘の原因を見てみると分かります。

【便秘の原因】
健康な腸は、蠕動運動という腸の壁の動きによって、食べた物が消化吸収されながら進んでいく。

そして、最終的には大腸から直腸を通って、排便される。

しかし、何らかの理由によって、この蠕動運動が弱まったり、停止したりすると、便がスムーズに排泄されなくなる。

更に便は腸内に長く留まると、水分が吸収されてしまい、どんどん固くなるため、より排泄しにくくなる。

ではなぜ蠕動運動は弱くなってしまうのでしょうか?

それには次のような理由があります。

  • 食べ過ぎ
  • 睡眠不足
  • 過労
  • ストレス

これらは全て腸を疲れさせてしまったり、腸の消化吸収のためのエネルギーを奪ってしまったりします。

こうして疲れてしまった腸は蠕動運動が弱ってしまい、便秘を誘発するのです。

つまり、正常な排便のためには、腸を疲れさせない事と、余計な負担をかけないことの2つが重要になります。だからこそ便秘に一番良いのは、断食して一旦余計なものを食べるのを止めて、腸の負担を減らす事なのです。


じゃあ、ヨーグルトを食べる事には何の意味もないのでしょうか?もちろんそんなことはありませんが、便秘にもの凄く効くというわけでもありません。

では、ヨーグルトを食べることの意味って何なのでしょうか?

今度はそれを見ていきましょう!

スポンサーリンク


ヨーグルトを食べる意味

私たちには便秘を治すために、ヨーグルト野菜を食べると良いというイメージがあります。全く間違っているわけではないのですが、一旦その考え方は変えた方が得策です。

例えば、こちらの記事にも書いた通り、重症の便秘の場合には食物繊維は逆効果になります。
便秘を食物繊維が悪化させる!?正しい食物繊維の取り方!

では、ヨーグルトを食べる意味とは、どんなものなのでしょうか?

それは次のようなものです。

  • 腸内環境を改善する
  • 腸の負担の少ない食生活に変える

具体的にはどんなことなのか、順番に説明しますね。

腸内環境を改善する


人間の腸の中には、様々な細菌がいて、その中には有害な悪玉菌と、人間に有益な善玉菌がいるのは、皆さんもご存知の通りです。

ヨーグルトには悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす効果があります。

悪玉菌は腸や体にとって有害な物質を作るため、これらの細菌が減ることは腸だけでなく体の負担を減らすことになります。

また、善玉菌はビタミンB群や有機酸など、人間が自分で作ることができない有益な栄養素を作り出します。

このように腸内環境が変わることで、人間に有害な物質が減り、その代わりに有益な物質が増えるため、様々な面で人間を元気にしてくれます。

腸や体が元気になれば、蠕動運動も活発になるので、便秘改善効果も期待できます、ただし、それは2次的なものなので、ヨーグルト自体に便秘解消効果があるとまでは、言い切れないのです。

腸の負担の少ない食生活に変える

ヨーグルトを食べる意味で大きなことは、ヨーグルトを食べる習慣を身に付けると、腸の負担の少ない食生活になることです。

ヨーグルトは胃腸の負担の少ない食べ物です。また、ヨーグルトと相性の良い、果物なども同じように消化の負担が少ない食べ物です。それでいてヨーグルトはたんぱく質や脂肪分も豊富で、十分な栄養が取れる食品です。

こうしてヨーグルトを食生活の中に取り入れると、そもそも腸の負担の少ない食生活に変わるため、体も疲れにくくなり、便秘も改善するのです。

とても地味な効果ですが、実は便秘改善のために一番役に立つのは、このポイントなのです!


というわけで、ここまでは本来の便秘の原因と、ヨーグルトを食べる意味を明確にしてきました。

それらを踏まえると、便秘対策にはどんなことが効果的なのでしょうか?

今度はそれを見ていきましょう。

スポンサーリンク


便秘対策の基本的な考え方

便秘解消のために良いことは、お腹に良い物を食べると思いがちですが、実はそうではありません。

ポイントになる考え方は次の4つです。

  • 十分な休養と睡眠
  • 体を元気に保つことで、腸を疲れさせない

  • 食べ過ぎない
  • 消化吸収の負担を軽くして、腸を疲れさせない

  • 腸の負担にならない食生活
  • 肉や脂肪分の多い食べ物などの消化に悪い食べ物や、辛い食べ物、お酒などの刺激物を減らす

  • 便秘や下痢の時にはプチ断食する
  • 便秘や下痢をしている時は、腸の疲れがピークなので、食事を抜いて負担を減らしてあげる


このように一番重要なのは、腸の負担を軽くすることです。ヨーグルトを食べることは、腸の負担の軽い食生活の一部に過ぎないのです。

便秘改善のためには、食べる事よりも、食べない事という発想の転換をしてみてください。

スポンサーリンク


まとめ

私たちは便秘にならないために、お腹に良い物を食べる事ばかり考えてしまいます。

それは全く間違っているわけではありませんが、場合によっては便秘を悪化させることにもつながります。

便秘改善のためには、食べることから、食べない事への発想の転換が必要です。

どういうことなのか最後にもう一度まとめておきますね!

  • 便秘の原因は腸の蠕動運動の低下
  • 便秘の直接の原因は、食べ物を排泄するための蠕動運動が弱くなることであり、単に食生活が悪いからだけではない

  • ヨーグルトのメリットは腸内環境を改善して体や腸を元気にすること
  • ヨーグルトの効果は、腸内環境を改善して、体と腸を元気にすることであり、便秘改善効果は、2次的なもの

  • 便秘改善のためには、腸の負担を減らす食習慣を心がけること
  • 便秘改善のためには、お腹に良い物を食べるよりも、腸を元気にする生活習慣と、腸の負担が軽い食生活の方が大切

このように便秘改善のためには、発想を変えることが大切です。

ヨーグルトを食べているのに、便秘が改善しないと感じてる人は、自分の生活習慣や食生活からまず見直してみてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ