便秘を食物繊維が悪化させる!?正しい食物繊維の取り方!



便秘予防のために野菜を食べましょう」なんてよく言いますよね。確かに野菜中心の食生活をして、食物繊維を多くとることは、便秘予防の基本です。私も野菜を多く食べている時は、快便が続きます。

でも、実はこれには落とし穴があります。食物繊維は便秘予防のためになりますが、便秘解消にはならないということです!むしろ食べ方を間違えると逆に便秘を悪化させてしまうこともあるんです!

いったいなぜなんでしょうか?そして、正しい食物繊維の取り方とはどんなものなのでしょうか?

今回は食物繊維の取り方を間違えると便秘が悪化する理由と、正しい食物繊維の取り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク


食物繊維が便秘を悪化させる!?


食物繊維が便秘改善のために良いというのは有名ですよね。でも、実際はひどい便秘に苦しんでる時に野菜を食べても、便秘はそう簡単に解消しないよ~という人が多いのではないでしょうか?

それはもしかしたら食物繊維の取り方を間違えているかもしれません。

食物繊維には水溶性のものと、不溶性のものがあります。実は水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も、場合によっては便秘を悪化させてしまう働きがあるのです。

その理由とは次の2つです。

  • 不溶性食物繊維は消化が悪い!
  • 水溶性食物繊維は悪玉菌のエサにもなる

食物繊維が便秘を悪化させるなんて、すぐには信じられないですよね!

その理由を順番に解説していきます。

不溶性食物繊維は消化が悪い!

便秘改善にとても有効なのが、不溶性食物繊維です。食物繊維と言えば通常はこちらの事を指します。

この不溶性食物繊維は、文字通り水に溶けません。そのため普段は腸の中で水分を吸収して膨らみ、便を柔らかくして体積を増やします。

便の体積が増えると、大腸の壁を刺激して便意を感じるようになります。不溶性食物繊維を含む便はみずみずしくて柔らかいので、簡単に排泄することができるのです。

しかし、既に便秘の時は、この水に溶けないという性質が問題になります。

便秘というのは腸が疲れていたり、便が固くなっているため、正常に廃絶されずに出口に栓をされているような状態です。そのような状態が続くと、便からはどんどん水分が吸収されていきます。

不溶性食物繊維は水分を吸収して最初は柔らかい状態ですが、時間が経てばどんどん水分が吸収されてしまいます。しかし、不溶性食物繊維自体は、いつまで経っても消化されないため、どんどん便は固くなってしまうのです。

こうなると更に便秘の原因になる固い便を追加しているようなものなので、便秘は悪化してしまいます。

水溶性食物繊維は悪玉菌のエサにもなる


水溶性食物繊維は腸内環境を改善するのに非常に効果的です。

腸の中のビフィズス菌を始めとした善玉菌は水溶性食物繊維をエサにしてどんどん増えます。水溶性食物繊維を食べたビフィズス菌は乳酸を作り出して、腸の中を酸性にします。

悪玉菌は酸性だと増えることができないため、腸内環境が改善し、便秘改善につながります。

しかし、水溶性食物繊維は実は悪玉菌のエサでもあるのです。既にある程度、善玉菌が多い場合は、水溶性食物繊維を食べても、善玉菌の方が増えるスピードが速く、悪玉菌の増加が抑え込まれてしまうので問題ありません。

しかし、既に便秘をしている時は問題になります。

便秘をしている時は、悪玉菌が大量に存在している腸内環境が悪い状態です。そこに、水溶性食物繊維を食べてしまうと、悪玉菌のエサを追加してしまうようなものです。

悪玉菌は水溶性食物繊維を食べて更に増え、腸内環境をアルカリ性にしてしまいます。便はアルカリ性になると、固くて黒い色になります

こうなると、更に便を固くして、便秘を悪化させてしまいます。


このように、既に腸内環境がかなり悪い時には逆効果になってしまう場合があります。

しかし、誤解しないで欲しいのは、食物繊維は便秘予防のためには非常に効果的です。ポイントは既に腸内環境がかなり悪く、便秘がひどい時には、最初から食物繊維を取るのはやめた方が良いという事です。

では、食物繊維の取り方はどのようにすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク


食物繊維の正しい取り方


食物繊維は、腸内環境がある程度良い時に、更に良い状態にしてそれをキープするのにとても有効です。

非常に腸内環境が悪い時には、いったん、腸内環境をリセットするのが効果的です。

具体的には、このような手順でやってみてください。

  1. 食べ物に頼らない方法で排便
  2. 温野菜や消化に良い物を食べる
  3. 数日後から生野菜も食べる

それぞれの過程を順番に解説しますね!

食べ物に頼らない方法で排便

まずは食べ物に頼らない方法で排便します。

こちらの記事に便秘の解消方法を書いているので、自分に合った方法を試してください。
便秘対策はストレスを解消することから!効果的な解消法とは?

おすすめは休日を利用したプチ断食です。

時間と心に余裕を作って、まずは排便によって腸の中を空にします。腸内環境を改善するためには、便と共に老廃物質や腐敗物質を出してしまうことが一番効果的なのです。

温野菜や消化に良い物を食べる


排便があってから3日間~5日間は、消化の良い食事を食べてください

食べる物は、よく火を通した野菜、オリゴ糖を含む食品、ヨーグルトなどを中心に食べてください。こうすることで、腸内環境を改善していきます。

ポイントは消化に良い物を食べることです。便が固くならないようにして、再び便秘にならないようにします。便秘をしている時は、腸がとても疲れているはずなので、腸を休ませる意味もあります。

数日後から生野菜も食べる

数日たって、排便も定期的にあるのであれば、普通の食事に戻してOKです。

生野菜も普通に食べてください!

定期的に排便がある状態であれば、食物繊維は便秘予防に効果的なので、どんどん食べてください!

スポンサーリンク


まとめ


食物繊維が便秘を悪化させることがあるなんて、衝撃的ですよね。

ポイントは食物繊維は便秘の解消効果があるわけではなく、便秘を予防する効果があるということです。

既に便秘がかなりひどく、腸内環境が悪い場合は、いったん腸の中をリセットすることが大切です。

もう一度その手順をおさらいしておきますね!

  1. 食べ物に頼らない方法で排便
  2. いったん腸の中を綺麗にする。

  3. 温野菜や消化に良い物を食べる
  4. 腸内環境を改善していく。

  5. 数日後から生野菜も食べる
  6. 良くなった腸内環境をキープする。

とにかく便秘予防のためには、生活習慣を改善することが一番です。いったん腸内環境を良くしたら、食物繊維を多くとって、良い状態をキープしてください。

付け焼刃の方法は効果が無いですし、即効性のある方法もありません!

是非、便秘知らずの生活をしてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ