便秘を改善するための生活習慣!食生活よりも大切な事とは?



便秘は辛いですよね。お腹の張りや不快感があるまま生活するのは、嫌なものですよね。

そんな便秘の解消法は何かと聞かれたら、皆さんは何をイメージするでしょうか?食物繊維を含む食べ物やヨーグルトを食べることでしょうか?でも、実はそれよりも前に大切なことがあります。

それは生活習慣の改善です。便秘の改善には食生活を改善するだけでは不十分なのです。

いったいどんな生活習慣をすれば、便秘知らずになれるのでしょうか?

というわけで、ここでは便秘にならない生活習慣をお伝えします。

スポンサーリンク


便秘にならないための大切な3つのポイント


便秘にならない生活習慣とはどんなものでしょうか?

実は次の3つのポイントが大切なのです。

【便秘解消の3つのポイント】
  • 理想は”寝たい時に寝て、起きたい時に起きる”
  • 人間の体はもともと1日を規則正しく生活できるように体内時計が存在します。排便もこのサイクルに組み込まれているため、目覚まし時計などを使わずに自然に寝起きするのが理想です。

  • 腸を疲れさせない
  • 便は腸の蠕動運動によって運ばれて、最後は直腸まで送られ、肛門から排泄されます。腸が疲れれば、蠕動運動が鈍くなり便秘の原因となってしまいます。

  • 便秘が悪化したら無理に食べない
  • たとえどんな食べ物であっても、腸が食べ物を消化吸収するのは負担がかかることです。便秘がかなり深刻化した場合は、無理に食べずに腸の負担を減らすのも大切です。


便秘を改善するためには、何を食べるかよりも、腸の働きを正常に保つことが最も重要なのです。

そこで、次からはこのポイントを踏まえた便秘にならないための生活習慣を紹介していきます。

スポンサーリンク


便秘にならない生活習慣


食物繊維を含む食べ物やヨーグルトは、便秘改善に効果があると言われています。確かにそうなのですが、それらの物をどれだけ食べていても、便秘になる時はなってしまうものです。

その原因は生活習慣の乱れにあります。

そうならないためにも普段から次のようなことに注意して生活することが大切です。

  • 睡眠を十分にとる
  • 食事を抜かない
  • 十分な水分を取る
  • バランスの良い食生活をする
  • お腹を冷やさない
  • ストレス解消のための習慣を持つ
  • 朝は余裕をもって過ごす

便秘にならないようにするためには、全てが大切なポイントです。

それぞれについて詳しく説明していきますね!

睡眠を十分にとる


腸は食べた物を消化吸収しながら直腸まで送り届け、最終的に便として排泄します。このような腸の運動を蠕動運動と言います。

便秘をしないためには、正常な大腸の蠕動運動が鍵になります。

そして、こちらの記事にも書いた通り、正常な蠕動運動の鍵は自律神経にあります。
便秘対策はストレスを解消することから!効果的な解消法とは?

正常な自律神経の働きのためには、十分に睡眠をとり、朝になったら太陽の光を浴びることが基本です。

便秘を解消するためには、規則正しい生活が基本になります。

忙しい現代人の生活では難しいかもしれませんが、普段から意識するようにしましょう。

食事を抜かない

忙しかったり、ダイエット中などの理由で、食事を抜くことはやめましょう。

食事を抜くことは次のように3重の意味で害があります。

  • 自律神経の働きが乱れる
  • 食事と自律神経の働きには密接な関係があるため、食事を抜くと自律神経のリズムが乱れ、腸の働きを悪くします。

  • 腹筋が衰える
  • 人間の体は飢餓状態になると、エネルギー消費を抑えるために、筋肉を落とします。当然、腹筋も衰えてしまうため、腸の蠕動運動が弱くなります。

  • 腸内環境が悪化する
  • 腸内細菌は人間が食べた物を栄養にして生きているため、食事を抜くと腸の中の善玉菌が減り、腸内環境が悪化します。

また、注意が必要なのは、ちゃんと落ち着いて食事をとることです。時間がないからと言って、慌ただしくジャンクフードなどで食事を済ませたりするのも、自律神経を乱す原因になります。

便秘をしないためには、食事を抜かずに規則正しい食生活を心がけましょう。

十分な水分を取る

意外に忘れがちなのが、十分な水分を取ることです。

便が腸に留まっている時間が長ければ長いほど、水分が吸収されて固くなってしまいます。ただでさえ便秘なのに、便が固くなってしまっては、更に悪化してしまいます。

普段から水分を多めに取って、便が柔らかくなるようにしましょう。

目標は1日2リットルです!

バランスの良い食生活をする


生活習慣の中には食事も当然含まれます。

そのため、便秘改善のためには、やはり腸内環境を良好に保つ事が重要です。

これらの記事にも書いていますが、腸内環境を良好に保つには、オリゴ糖や食物繊維を多く含む食品、ヨーグルトなどを食べることが重要です。
乳酸菌にはオリゴ糖と食物繊維!乳酸菌のエサで腸内環境改善!
腸内フローラの改善方法!心がけるべき3つのポイントとは?

善玉菌が増えると腸の中は酸性になります。腸内環境が酸性になると、腸が刺激されて蠕動運動が活発になるのです。

また、食物繊維は水分を吸って、便のカサが増えます。これも腸を刺激して蠕動運動を活発にするのです。

お腹を冷やさない

人間の体は36℃前後の時が、最も活発に活動できます。腸も同じです。

体を冷やしたり、冷たい食べ物や飲み物は、腸の活動を低下させます。

これらも便秘の原因となるため、腸を冷やさないように意識して生活するようにしましょう。

ストレス解消のための習慣を持つ


自律神経の働きを乱す、最も大きな原因になるのがストレスです。

現代社会は大小、様々なストレスが降りかかってくるストレス社会です。私たちは常にストレスにさらされているため、自律神経も乱れがちです。

便秘を防ぐためには、その日のストレスはその日に解消する習慣を付けることが大切です。

こちらの記事に便秘改善のためのストレス解消法をかいているので、参考にしてみてください。
便秘対策はストレスを解消することから!効果的な解消法とは?

朝は余裕をもって過ごす

腸は副交感神経が優位な時に活発に働きます。そして、その副交感神経は夜から朝にかけて優位になります。

そのため、朝は消化吸収が終わった便が、直腸に届けられて、後はトイレで排泄されるだけの状態になっています。朝は一日で最も排便しやすいチャンスの時間帯なのです。

朝は忙しい時間ですが、この時間に慌てずに、落ち着いてゆっくり過ごすことで、排便のチャンスが増えます。

早寝早起きを心がけて、朝を余裕をもって過ごすようにしてください。

スポンサーリンク


まとめ


「便秘改善方法」というと食生活を改善することばかりに気を取られがちです。

でも、実はそれよりも前に生活習慣を改善することがとても大切です。

理想は起きてすぐ便意を感じられることです!

是非皆さんも、今回紹介したこれらのポイントを意識した生活習慣に改善してみてください。

  • 睡眠を十分にとる
  • 食事を抜かない
  • 十分な水分を取る
  • バランスの良い食生活をする
  • お腹を冷やさない
  • ストレス解消のための習慣を持つ
  • 朝は余裕をもって過ごす

一番良いのは、ストレスを溜めずに、のんびりマイペースで生活することです。

自分に合ったのんびり生活習慣で便秘知らずの生活を送ってくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ