発酵バターでクッキーを作ってみた!違いはどんな感じ?



先日、手作り発酵バターを作ってみたのですが、市販のものと変わりない美味しいものができて大成功でした。

とは言え、200mlの生クリームから100gくらいの発酵バターができてしまったので、なかなか減りません。時間が経つと酸化して悪くなってしまうため、クッキーにして一気に使いきることにしました。

やはり、バターをたくさん使うお菓子の方が違いがよく分かると思うんですよね~^^

市販のクッキーで発酵バターを使っているものは見たことがないので、とても楽しみです。

というわけで、今回は発酵バタークッキーと普通のクッキーの違いを検証してみたいと思います。

スポンサーリンク


用意する物

発酵バター
まずは発酵バタークッキーを作るために、用意する物から見ていきましょう。

今回使う発酵バターは自分で手作りした発酵バターを使います。手作り発酵バターの作り方は、こちらの記事に詳しく書いているので、手作り発酵バターで挑戦してみたい方は参考になさってください。
発酵バターを手作りしよう!作り方や賞味期限を解説!

  • 発酵バター(無塩):40g
  • 薄力粉:120g
  • 砂糖:80g
  • 卵黄:1個
  • チョコチップ(お好みで)
  • バニラエッセンス(お好みで)
  • ボール
  • ヘラ
  • クッキングシート

ちなみに今回私の場合は、チョコチップバニラのクッキーを作りたかったので、チョコチップとバニラエッセンスを用意しましたが、無くても全然かまいません

また、チョコチップとバニラの2種類を作るために、材料は上記の量の倍で作っています。


では、次はいよいよ発酵バタークッキーを作っていきましょう。

スポンサーリンク


発酵バタークッキーの作り方

発酵バタークッキーと言っても、作り方は普通のクッキーと同じです。

以下が発酵バタークッキーの作り方の手順です。

  1. 発酵バターと砂糖を混ぜる
  2. 卵黄を加えて混ぜる
  3. 薄力粉を加えて混ぜる
  4. 生地を冷蔵庫で30分寝かせる
  5. 生地を適当な大きさにしてクッキングシートに並べる
  6. オーブンに入れて180℃で15分焼く

手順には書いていませんが、薄力粉は事前にふるっておいてください

それではそれぞれの工程を順番に解説していきます。

発酵バターと砂糖を混ぜる

まずは発酵バターと砂糖をヘラを使ってボールで混ぜ合わせます。

冷蔵庫から出したばかりの発酵バターは固いため、混ぜるのが大変です。そのため、早めに冷蔵庫から出して、常温にしておいてください

IMG_4921 発酵バターと砂糖はよく混ぜ合わせて、ダマやザラザラが残らないようにしてください。非常に力がいる重労働ですが、十分に混ぜ合わせてください。

IMG_4924 腕が痛くなるかもしれませんが、頑張ってください…。

卵黄を加えて混ぜる

発酵バターと砂糖が混ざり合ったら卵黄を加えます。

今回は2倍の分量で作っているので、卵黄を2つ入れています。

IMG_4925 卵黄が入るだけで、だいぶ柔らかくなって混ぜやすくなります。

薄力粉を加えて混ぜる

最後に薄力粉を加えて、よく混ぜます。

IMG_4926 薄力粉が加わるとまたしても、混ぜるのが大変な重労働になります。でも、粉っぽさが残らないように頑張って混ぜ合わせてください

生地を冷蔵庫で30分寝かせる

綺麗に混ぜ終わったら、一旦冷蔵庫に入れて、30分間生地を寝かせます。

IMG_4927 生地を寝かしている間は、少し休憩です。疲れた腕を休ませてください…。

生地を適当な大きさにしてクッキングシートに並べる

生地を寝かし終わったら、天板の上にクッキングシートを敷き、その上に適当な大きさにした生地を並べてください。

生地の厚さの目安は5mmです。

IMG_4930
IMG_4931 今回はバニラ味とチョコチップ味を作るので、それぞれを別々に並べてみました。

オーブンに入れて180℃で15分焼く

後はオーブンに入れて焼くだけです。

目安は180℃で15分ですが、オーブンによっても火加減に微妙な差があるため、時間を短めにして様子をみながら、最適な焼き加減にしてください

IMG_4932 私の場合は少し焼き過ぎてしまい、色が少し濃くなり過ぎてしまいました。うちのオーブンは少し火加減が強いみたいですね。


というわけで、発酵バタークッキーが焼き上がったところで、早速食べてみたいと思います!

スポンサーリンク


普通のクッキーとの違い

IMG_4933
遂に自分で手作りした発酵バターで作ったクッキーが完成しました。早速、焼き立てを食べてみて感じたのは次の2点です!

  • まろやかでバターのほのかな香りがある
  • 酸味は特に感じない

やはり発酵バターを使っていると、ただ甘いだけでなく、まろやかなコクとバターの香りがほのかにして美味しいです。

その一方で発酵バターの特徴である酸味は、あまり感じません。

酸っぱいクッキーになってしまうのかと心配してましたが、そんなことありませんでした。

ちょっと奥が深い味わいといった印象です。

変なクセなども無いので、普通のバターを使う感覚で使ってしまっても全然問題ありません!

スポンサーリンク


まとめ

IMG_4935
今回は、自分で手作りした発酵バターを使って発酵バタークッキーを作ってみました。

まろやかでバターの良い香りがして美味しいですよ!

もちろん市販の発酵バターでも作ることができるので、何か特別なお菓子を作りたい時に、発酵バタークッキーがおすすめです!

他にも発酵バターを使ったお菓子でおすすめなのが、マドレーヌなどのバターを多く使うものです。発酵バターの香りとコクを感じることができるので、是非作ってみてください!

発酵バターはパンに塗るだけでは、もったいないので、色々なお菓子にも使ってみてくださいね~。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ